読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

FX「22日に予算教書、格付け判断に影響。物価は低下」南アランド見通し

f:id:okinawa-support:20190828090357p:plain

 

総括

FX「22日に予算教書、格付け判断に影響。物価は低下」南アランド見通し

「通貨最下位、株価7位」
「予想レンジ 南アランド7.2-7.7」

(ポイント)
*2月22日に予算教書
*予算教書は格付会社も注目
*直近の格付けは見通しが引き上げられていたが、停電で状況一変
*1月消費者物価は7%割れ
*今週は12月景気先行指標、1月生産者物価の発表
*中ロ・南アが合同演習
*電力不足で国家的な「災害事態」を宣言
*最弱通貨を継続、株価は小高い
*モルガン・スタンレーが判断引き下げ
*「負荷制限を終わらせるためのロードマップ」を発表
*経済成長率について、中銀は2023年は0.3%、24年は0.7%になると予想
*貿易赤字から抜け出す
*1月製造業PMIはまずまず、民間PMIは悪化
*政策金利は利上げ減速で0.25%引き上げ
*インフレ率は23年は5.4%、24年は4.8%と予想(中銀)

(停電継続で依然、年初来最弱通貨)
 南アランドは停電継続で依然、年初来最弱通貨となっている。株価市場は利上げ減速で7位と健闘している。今週は12月景気先行指標、1月生産者物価が発表される。

(予算教書と格付け)
 今週は2月22日に予算教書が発表される。これに格付け会社が注目している。長引く電力削減が経済に与える影響により、南アのリスクプロファイルが悪化している。
 フィッチの格付けは、停電が2023年まで続くと予想していたが、「電力供給のさらなる悪化は、私たちの基本的なシナリオを超えており、2023年の経済成長率が平均1.1%になるという私たちの予測に下向きのリスクをもたらす」と述べた.
 ムーディーズは「南アの最長の停電期間は信用にマイナス、停電の企業、消費者心理、投資への影響は、すでに低迷している国の経済成長見通しを弱め、社会的および政治的安定を脅かすと予想されます。高い失業率を考えると、社会的および政治的不安定性は、特に激化する可能性があります。」と述べた。

 中銀は、長引く停電で2023 年の成長率予測を1.1% から0.3% に下方修正、今後3年間の成長率が2% 低下することを指摘した。フィッチは、財政赤字が 2022/23 会計年度末に5.1% になると予測しており、国の予測である4.9%と比較して拡大している。ムーディーズは、政府が支出を相応に削減すると予想しているため、赤字が大幅に拡大するとは予想していないと述べた。

 直近の格付けは、フィッチ、S&P、ムーディーズはそれぞれ見通しを引き上げていたが、停電で、格下げも想定されるようになった。

(1月消費者物価は伸び鈍化)
 1月の消費者物価は前年比6.9%上昇と、昨年12月の7.2%上昇から伸びが鈍化した。昨年7月には13年ぶりの高い伸びとなる前年比7.8%上昇を記録していたが、その後、インフレ圧力が和らいでいることが改めて浮き彫りとなった。コアは、前年比4.9%上昇。中銀は8会合連続で利上げを実施しているが、先月の利上げ幅は0.25%に縮小した。次回政策金利決定は3月30日。

テクニカル分析(ランド/円)

ボリバン3σ下限から反発

 日足、ボリバン3σ下限から反発。2月13日-17日の上昇ラインがサポート。2月6日-17日の下降ラインが上値抵抗。5日線上向く。20日線下向き。
 週足、雲の下、3σ下限にも一時達すも先週は反発。2月6日週-13日週の下降ラインが上値抵抗。5週、20週線下向き。
 月足、3か月連続陰線。2月も陰転。雲中へ落ちる、21年11月-23年1月の上昇ラインを下抜く。22年12月-23年1月の下降ラインが上値抵抗。
 年足、21年、22年は短い陽線。23年は陰転。20年-22年の上昇ラインがサポート。08年-22年の下降ラインが上値抵抗。

喜望峰

中ロ・南アが合同演習 極超音速ミサイル発射実験

 ロシア、中国、南アフリカの3カ国は先週日、南ア沖のインド洋で海上合同軍事演習を開始したもようだ。ロシアから極超音速巡航ミサイル「ツィルコン」を装備したフリゲート艦「アドミラル・ゴルシコフ」が参加。タス通信によると、27日までの演習期間中、同ミサイルの発射実験が予定されている。

情報提供元:FX湘南投資グループ
本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたしま す。また、本レポートに記載された意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。 なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、FX湘南投資グループグならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。