FX/為替「リスク選好の動きが中南米通貨買い誘う=メキシコペソ」:マイナー通貨 2023年1月24日

f:id:gaitamesk:20230120180721p:plain

リスク選好の動きが中南米通貨買い誘う=メキシコペソ

 週明け23日の中南米市場ではドル売り中南米通貨買いの動きが目立った。ドルメキシコペソは東京午前に1ドル=18.90ペソ前後を付けていたが、その後ペソ高が強まり18.80割れ。いったん戻すも夕方再びのペソ買いとなった。
 アルゼンチンとの通貨統合を協議すると報道があったブラジルレアルは同報道に対する反応は特に目立たず。1ドル=5.21レアル前後での推移の後、5.17割れまでレアル買いの場面も、その後朝の水準に戻す動き。その他、銅価格の上昇などを好感したチリペソの買いなどが目立っていた。
 対円ではドル円の上昇が支え。ペソ円は東京市場の6円84銭台から6円95銭近辺まで上昇している。
MXNJPY 6.949
(配信:みんかぶFx 2023/1/24(火) 7:00)

中国市場休場中でオフショアも落ち着いた動き=中国人民元

 中国市場は今週いっぱい休場。オフショア人民元(CNH)は1ドル=6.77元台で落ち着いた動きとなっている。春節中で目立った動意が見られず。
USDCNH 6.7727
(配信:みんかぶFx 2023/1/24(火) 10:52)

※ この記事は情報提供を目的としており、投資の最終判断は投資家自身でなさるようお願い致します。

「高機能チャート(テクニカル分析)」はこちら
PC:https://www.gaitame.com/markets/chart/advanced.html
スマホ:https://www.gaitame.com/markets/chart/advanced_sp.html

 
●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top