来週のドル円相場はどうなる?12/26週のイベント予定

来週のドル円関連重要イベント

12月26日(月)からの一週間、ドル円関連の重要イベントは次のものが予定されています。

12/27(火):
【日本】11月失業率
【日本】11月有効求人倍率
【アメリカ】10月ケース・シラー米住宅価格指数

12/28(水):
【日本】11月鉱工業生産・速報値
【アメリカ】12月リッチモンド連銀製造業指数
【アメリカ】11月住宅販売保留指数

12/29(木):
【アメリカ】前週分新規失業保険申請件数、継続受給者数

12/30(金):
【アメリカ】12月シカゴ購買部協会景気指数

来週26日(月)、アメリカはクリスマスの振替休日となっています。また火曜日以降も本格的に年末の休暇シーズンとなり、市場の流動性が低下する見込みです。

今月開かれた米FOMCでは利上げのペースが緩められたものの、来年末の金利水準の見通しは大幅に引き上げられました。これを受けて市場では高い金利水準が長期化するとの見方が広がり、来年アメリカの景気が後退することへの懸念が強まっています。一方日本では今週20日、日銀が長期金利の変動幅を拡大することを決定し、日米の金利差の縮小が意識されて円が買われやすい状況となっています。

 
●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top