読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

ドル円相場11/21週振り返り 上昇でスタートするも米PMIとFOMC議事録受け下落へ

ドル円 週初めの上昇から米PMIなど受け下落へ転換

今週初め、先週からの方向感に乏しい流れが継続する形で140円台前半からスタートしたドル円は、21日(月)午後から中国でのコロナ拡大への懸念を背景にリスク回避のドル買いが強まり、22日(火)未明には一時142.25円付近まで上昇しました。

その後23日(水)朝にかけて米長期金利の低下などを背景に下落基調となった後、同日深夜から24日(木)未明にかけて米11月購買担当者景気指数(PMI)の発表やFOMC議事録の公表が行われると、アメリカの景気後退や日米の金利差縮小が意識されて141円台から138円台前半まで大きく下落しました。

今週は日本の祝日やアメリカの感謝祭休暇があり、流動性の低下が予想されていましたが、中国でのコロナ拡大やアメリカの重要イベントといった材料に対して相場が大きく反応する場面も見られました。

来週はアメリカの個人消費支出(PCE)や雇用統計、米FRBのパウエル議長による講演など、重要イベントが多数控えています。アメリカの景気後退を示す新たなデータや利上げの減速を示唆する要人発言などが出れば円高ドル安が加速することが予想され、イベントの多い来週は緊張感の高い相場となりそうです。

 



●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。