読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

【ドル/円】:戻り売り方針継続。

f:id:okinawa-support:20210302094851p:plain

 

2022年11月14日

【ドル/円】:戻り売り方針継続。

ドル/円は2手連続大陰線で終え、直近の陰線が140.60-70にあった日足の下値抵抗を下抜けて終えており、新たな下落リスクが生じています。NY市場が休場であったため薄商いでの値動きとなり“ダマシ”となる可能性があります。140.50-60の抵抗をクリアして終えれば“ダマシ”であった可能性が高くなりますが、この場合でも142台に乗せて越週するまでは下値リスクを残します。 一方下値は、中期的な下値抵抗が134~135円台にあり、続落した場合でもこのレベルは簡単には下抜けないでしょう。 ドル買いは1日様子見です。売りは140.00-10で戻り売り。損切りは140.60で撤退です。 日足の上値抵抗は140.10-20、141.20-30,141.70-80に、下値抵抗は138.50-60,137.50-60,137.00-10にあります。

【ユーロ/円】:戻り売り方針継続。

ユーロ/円は前日足から上寄りのスタートとなりましたが、結果的には陰線で終え、続落しています。下ヒゲがやや長く下値トライにも失敗していることや、日足の下値抵抗が143.10-20にあり、これを割り込んで終えない限り、売りも慎重に。日足の形状が弱く、下値リスクがより高いので、買いは様子見です。売りは144.40-50で戻り売り。損切りは145.10で撤退です。これが付いた場合は“ニュートラル”な状態に戻します。この場合でも147円台で終えるまでは下値リスクを残します。上値抵抗は144.40-50,145.30-40,146.00-10に、下値抵抗は143.60-70,143.10-20,142.50-60にあります。

【ユーロ/ドル】:押し目買い方針継続。

ユーロ/ドルは2手連続陽線引けとなり、短期トレンドは強い状態にあります。また2月に付けた1.1495を基点とする中期的な“ユーロ弱気”のトレンドにも変化が生じており、上値トライの動きが継続すると見られます。急伸の過程で1.01台の足元の弱さを残していますが、トレンドが強いのでここまで押すのは目先天井を確認してからとなりそうです。買いは1.0290-00で押し目買い。損切りは1.0250で浅めに一旦撤退です。売りは様子見です。上値抵抗は1.0360-70,1.0420-30,1.0450-60に、下値抵抗は1.0300-10,1.0260-70,1.0180-90,1.0150-60にあります。全て下抜けて終えた場合は短期トレンドを“ニュートラル”な状態に戻して1.0100~1.0000の足元を固め直す動きへ。

© 2022/WFXA
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第 119 条により罰せられますのでご注意ください。尚、このレポートは情報提供を目的としており、投資の最終判断は投資家自身でなさるようお願い致します。