読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

ドル円145円台で様子見ムード 明日の米CPI次第で変動も

ドル円重要イベント前に様子見ムード

8日のドル円相場は、同日夜から投票が始まった米中間選挙や、アメリカの今後の金融政策を見通す上で重要とされる米10月消費者物価指数(CPI)の発表を前に円を買い戻す動きが強まりました。

米長期金利の低下を背景としたドル売りの流れもあり、ドル円は146円台後半から9日未明には一時145円台前半まで値を下げ、先月27日以来の安値となりました。9日正午時点では、1ドル=145円台で推移しています。

9日、米中間選挙は投票が続いており、大勢が判明するのは同日午後以降になると見られています。下院は野党・共和党が優勢、上院は接戦と報じられており、政権を担う民主党と議会の多数派政党が異なる「ねじれ」状態になる可能性が高いと予想されています。そうなればバイデン政権は経済政策を進めにくくなる可能性があり、市場関係者は結果を注視しています。

明日の米CPI発表に要注目

さらに高い注目を集めるのが、日本時間の10日22時半に発表予定の米10月消費者物価指数(CPI)です。CPIは消費者が購入する商品やサービスの価格の平均的な動きを表す指標で、インフレの実態を見極める上で重視されます。

結果がアメリカのインフレの根強さを示すものであった場合、円売りドル買いの動きが再び加速する可能性もあります。逆にインフレの緩和を示す結果だった場合は、ドル売りの流れとなり円高トレンドが発生する展開が考えられます。

 



  ●免責事項 本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。