読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

ドル円147円台 今夜発表の米ISM製造業景況指数に要注目

ドル円147円台 米ISM製造業景況指数に要注目

31日の円相場は、アメリカの長期金利の上昇や実需筋によるドル買いを背景に一時148.80円台まで円安が進みました。注目度の高い米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えて様子見ムードが広がっており、1日の仲値の時間にかけて148円台後半で横ばいとなっていましたが、午後に入ると米10年債利回りの低下に伴い16時台には一時147.50円台まで円高が進む場面もありました。重要イベントを前に先の読めない展開となっています。

1日は23時に米国の 10月ISM製造業景況指数が発表されます。 この指標は全米供給管理協会(ISM)がアメリカ国内の製造業の仕入れ担当役員にアンケート調査を行って景況感を調査したもので、50%を超えれば景気拡大、下回れば景気後退を示唆するとされます。

市場予想は50.0%となっており、結果がこれを上回ればさらなる日米の金利差が意識されて円安が進む可能性があります。逆に下回った場合は、景気悪化への懸念からアメリカで12月以降の利上げのペースが減速するとの見方が強まり、円高方向の動きとなることが予想されます。

アメリカの中央銀行にあたるFRBは1日から2日間の日程で金融政策決定会合(FOMC)を開き、今後の金融政策などについて議論します。記録的なインフレを抑え込むため、これまでFRBは3回連続で0.75%という異例の大幅な利上げを行っており、会合後の会見で今後の金融政策についてどのような方針が示されるのかという点に大きな注目が集まっています。

為替介入実績発表 効果は?今後の変動は?

31日夜、財務省が10月期の為替介入実績を発表しました。9月29日から10月27日の為替介入額は6兆3499億円で、過去最大規模であったことがわかりました。

介入には円安の進行を遅らせる一定の効果があったという評価がある一方で、規模の割に円の押し上げ効果は薄かったとする見方もあります。また、今回のような円買い・ドル売り介入を行うには外貨準備高として保有されるドル資金が原資として必要で、介入には限りがあります。

今後は介入への警戒感から一定の水準でドル円の上値が抑えられることが予想されるものの、円安の主要因である日米の金利差が縮小しない限り今後も円が売られやすい状況は続くとの見方が強く、引き続き変動に警戒が必要となりそうです。

為替変動を利用して利益を狙うFXでは、値動きが大きいほど利益を得るチャンスが増大します。今週はアメリカのFOMCや雇用統計といった重要イベントが目白押しで、相場が大きく動く可能性もあります。外為どっとコムの口座開設はスマホからでも簡単に、最短5分でお申し込みできます。この機会に外為どっとコムで口座開設してみてはいかがでしょうか。

※口座開設には審査があります。

円安相場でチャンスを掴め!外為どっとコムの無料セミナー開催のご案内

「FXに興味があるけれど、何から始めたらいいのかわからない…」

そんな方にぴったりの外為どっとコムによる初心者向け無料オンラインセミナーを、2022年11月2日(水)に開催します。

本セミナーでは、利益の出し方やいくらから始められるのかといったFXの基礎知識から、取引の流れやどこで情報収集すればよいかといった実際に取引するうえでのポイントまで、初心者の方にもわかりやすく丁寧にご説明します。

現在ではFXに関してもインターネット上に多くの情報があふれていますが、その質はさまざまで、中には信頼性に乏しいものもあります。そのため信頼できる情報なのかどうかを見極めることが重要ですが、情報を求めている初心者の方ほど、その見極めは難しいのではないでしょうか。

本セミナーは2022年で20周年を迎えたFX専業会社である外為どっとコムによるものであり、信頼できる機関からFXを学びたいという方に最適です。国際テクニカルアナリスト連盟 認定テクニカルアナリスト(CFTe)の資格を持つ当社の研究員による説明で、FXの仕組みと正しい知識をしっかりと学んでいただけます。

参加費は無料でスマホからでも参加でき、質疑応答コーナーもご用意しています。また、セミナーご参加と受講アンケートへの回答でセミナー資料&FXの成功体験・失敗対策特集をプレゼントいたします。

「FXに興味があるけれど、何をすればいいか分からない」という方のためのセミナーとなっておりますので、全くの投資未経験者でも安心してご参加ください。

歴史的な円安相場となっている2022年、ぜひ本セミナーをきっかけとして、FXによる投資のスタートダッシュを切ってみてはいかがでしょうか。

●免責事項 本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。