FX/為替予想「豪ドル/円は7月RBA理事会での0.50%利上げ観測が強まるか、雇用統計に注目」注目の高金利通貨 豪ドル/円 6月15日号

f:id:gaitamesk:20190821093810p:plain

執筆:外為どっとコム総合研究所 神田 卓也

豪ドル/円(4時間足)

AUD/JPY 4時間足
※レポート内の為替レート・チャートは外為どっとコム「外貨ネクストネオ」を参照

直近1週間のポイント

・上海再ロックダウン
・米CPI上ブレで利上げ加速観測
・米利上げ不安で世界的株安

足元の豪ドル/円は7年ぶり高値から反落

8日に一時96.88円前後まで上昇して2015年6月以来の高値を付けましたが、その後は下落基調となっています。
9日に中国・上海当局が中心部の再ロックダウン(都市封鎖)を発表したことで同国の景気不安が再燃。
さらに10日には米5月消費者物価指数(CPI)が予想に反して上ブレしたことで米国の利上げペースが加速するとの思惑が広がり株価が急落しました。
週明け13日以降も世界的な株安が続く中、豪ドル/円は93円台を割り込んで下落しており、14日には92.43円前後まで下落する場面もありました。

注目ポイントは雇用統計

16日に豪5月雇用統計が発表されます。
市場は豪中銀(RBA)が7月も50bp(0.50%ポイント)の利上げを行うとの見方を強めており、今回の雇用統計をその裏付けにしたい考えです。
予想では新規雇用者数が2.50万人増、失業率は過去最低の3.8%に低下する見込みとなっています。
また、15日の米連邦公開市場委員会(FOMC)を経て、世界の株式市場が落ち着きを取り戻せるかどうかにも注目です。
そのほか、21日にはロウRBA総裁の講演と、6月のRBA理事会の議事録公表が予定されています。

来週までの豪ドル/円の見通し

予想レンジ
90.500~95.500円
基調
波乱含み

来週までの注目ポイント

☆6/16 豪5月雇用統計
・6/21 ロウRBA総裁講演
・6/21 RBA議事録
・主要国株価、国際商品価格

「為替チャート|豪ドル/円(AUDJPY)|60分足」はこちら

「高機能チャート(テクニカル分析|豪ドル/円(MXNJPY)|60分足」はこちら 

f:id:gaitamesk:20191106165135p:plain 株式会社外為どっとコム総合研究所 取締役 調査部長 上席研究員
神田 卓也(かんだ・たくや)
1991年9月、4年半の証券会社勤務を経て株式会社メイタン・トラディションに入社。 為替(ドル/円スポットデスク)を皮切りに、資金(デポジット)、金利デリバティブ等、各種金融商品の国際取引仲介業務を担当。 その後、2009年7月に外為どっとコム総合研究所の創業に参画し、為替相場・市場の調査に携わる。2011年12月より現職。 現在、個人FX投資家に向けた為替情報の配信を主業務とする傍ら、相場動向などについて、WEB・新聞・雑誌・テレビ等にコメントを発信。
【告知】7月10日開催の「第1回 資産運用EXPO【夏】」にてセミナーを開催。 『円安時代に突入!FX初心者こそ知っておきたい外貨投資のポイントを解説!』
詳細は こちら
●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top