読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

FX「オミクロン株の観測報道にランド相場は一喜一憂」注目の高金利通貨 南アフリカランド/円 12月1日号

f:id:gaitamesk:20190821093810p:plain

南アランド/円(4時間足)

f:id:gaitamesk:20211201101334p:plain
※レポート内の為替レート・チャートは外為どっとコム「外貨ネクストネオ」を参照

直近1週間のポイント

☆南アでコロナ変異株発見
・各国が南アへの渡航を制限
・ワクチン効果への疑念でリスクオフ

足元の南アランド/円は7.0円台を割り込んで下落

25日、南アフリカで新型コロナウイルスの新たな変異株が発見されました。
感染力が高くワクチンが効かない可能性もあると伝わった翌26日には世界的に株価が急落。
欧州を中心に南アフリカとの往来を制限する動きが広がった事もあってランド/円は6.923円前後まで下げ足を速め、前日比で4%を超える暴落となりました。
その後は自律的に反発して7.10円台を回復していますが、30日には米製薬会社が「オミクロン」と名付けられた南アの変異株には既存ワクチンの効果が低いとの見解を示した事などから市場心理が冷え込む中、急落前の水準である7.20円台には届いていません。

注目ポイントはオミクロン株

米国立アレルギー感染症研究所は「オミクロン株」の詳細が判明するには2週間程度が必要との見解を示しています。
当面は、世界の研究機関が発表する「オミクロン株」の分析結果待ちという事になりそうですが、その間メディアを通じて様々な観測報道が出ると見られ、ランド相場はそれらに一喜一憂する公算が大きいでしょう。
各国の南アフリカへの渡航禁止措置が解除されるかどうかも、分析結果にかかっている言えそうです。
当面のランド相場は「オミクロン株」への懸念から下値不安がくすぶり続ける事になりそうです。

来週までの南アランド/円の見通し

予想レンジ
6.750~7.250円
基調
下値不安

来週までの注目ポイント

☆「オミクロン株」巡る報道
・主要国株価 国際商品価格

「為替チャート|南アランド/円(ZARJPY)|60分足」はこちら

「高機能チャート(テクニカル分析|南アランド/円(ZARJPY)|60分足」はこちら 

●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。