読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

7月は最強通貨、株価も強い。何が良かったか。8月も最強スタート

f:id:okinawa-support:20190828090108p:plain

 

総括

7月は最強通貨、株価も強い。何が良かったか。8月も最強スタート

(通貨最下位、株価最下位)   
予想レンジ トルコリラ/円 12.6-13.6

(ポイント)
*7月は通貨最強、株価も2位
*8月も株為替で好スタートを切った
*リラは対円、対ドル、対ユーロで上昇中
*それぞれ20日移動平均線がドル安方向へ
*今週は消費者物価・生産者物価の発表がある
*7月製造業PMIは改善 3か月連続上昇
*外貨準備高が回復して400億ドル台から600億ドル台となった
*トルコの観光収益が30億ドル超となり前年同期を22.5%上回った
*7月企業信頼感指数は改善
*トルコ中銀が年末のインフレ見通しを12.2%から14.1%に引き上げた。
*コロナ感染者は増加
*自国製ワクチンを開発中
*米国は対トルコ制裁継続
*キプロス問題でEUと対立か
*大統領支持率低下
*2Q成長率は20%程度か
*通貨スワップ協定の締結に向けて4カ国と交渉
*対外純債務は3436億ドル
*政府の21年成長予想は5.75%=IMF、EBRD、民間は5.5%予想

(7月はリラ最強)
 7月のトルコリラは最強通貨となった。またトルコ株価指数(イスタンブール100種指数)は弊誌がチェックしている20市場で2位となった。但し年初来ではリラ、株価ともに最下位だ。3月のエルドアン大統領の中銀総裁電撃解任で失われた市場の信頼はまだ回復していない。

(リラは対円、対ユーロ、対ドルでも強くなっている)
 テクニカルではリラ円の5日、20日線が上向いていること、ドルリラ、ユーロリラの5日、20日線が下向いていることでリラ高方向の流れとなっている。

(7月の好材料)
 7月で良かったことは、外貨準備高が回復して400億ドル台から600億ドル台となったこと、21年2Qのトルコの観光収益が30億ドル超となり前年同期を22.5%上回ったこと、7月の経済信頼感指数が100.1となり6月の97.8を上回ったことなどだ。またトルコ中銀が四半期インフレ報告書を発表し、年末のインフレ見通しを12.2%から14.1%に引き上げた。中銀は断固として引き締めスタンスを維持すると述べた上で、インフレへの取り組みは金融政策だけでは不十分で、財政政策との調整が必要との見解を示した。

(今週は重要週)
今週は消費者物価・生産者物価の発表がある。

(7月製造業PMIは改善 3か月連続上昇)
 7月のトルコ製造業購買担当者景気指数(PMI)は54.0で、前月の51.3から上昇し3か月連続の上昇、また6カ月ぶりの高水準となった。新型コロナウイルス感染防止のための行動制限がほぼ解除され、需要と生産が回復した。
新規受注の増加を受けて生産は2カ月連続で増加。ただ生産能力に幾分圧力がかかっている兆候もみられたという。
生産活動の活発化により従業員数や購入活動が高まった。ただ、サプライチェーンの混乱が原材料調達の障害となった。投入コストの上昇率は3カ月連続で加速。回答者らは、通貨リラ安や原材料コスト上昇の影響を指摘したという。

(観光収益 詳細)
 2021年2Qのトルコの観光収益は30億362万8000ドルとなった。観光収益の73.1パーセントは外国人観光客から得られたものであった。外国人は主に「観光、娯楽、スポーツ、文化活動」を目的にトルコを訪れた。前年同期を22.5%上回った

(感染者は増加)
トルコ保健省は7月28日、新型コロナウイルスの1日当たりの新規感染者が2万2291人だったと発表した。死者は76人だった。感染者は7月23日に1万人を超えたばかりで急増している。ワクチン接種が遅れている南東部で感染が拡大している。
 4月に6万人を超えた新規感染者は、ロックダウン(都市封鎖)を経ていったん4千~5千人程度まで減少した。7月1日に外出制限が全面解除され、先週のイスラム教の祝祭期間には人の移動が活発になっていた。
 保健省によると、18歳以上人口の6割強が少なくとも1回目のワクチン接種を終えた。最大都市イスタンブールや首都アンカラといった都市部で接種が進んでいるが、南東地方では遅れている。

(国産ワクチンを年末前に流通)
ヴァランク産業技術大臣は、ウイルス様粒子(VLP)国産ワクチン候補のフェーズ2研究が終了間近であり、近くフェーズ3段階に移行すると語った。
 このワクチンが新たな変異株に対して大幅な耐性を提供することが予測されていることを強調したヴァランク大臣は、「フェーズ3に移行したあとには国産ワクチンを年末を待たずに流通させたいと考えている」と話した。

テクニカル分析(トルコリラ/円)

なべ底型でしっかりもまだ急騰しない

日足、ボリバン2σ下限から3σ上限へ。7月30日-8月2日の上昇ラインがサポート。6月14日-8月2日の下降ラインが上値抵抗。雲の上へ。5日線上向き。
週足、3週連続陽線。7月19日週-26日週の上昇ラインがサポート。6月14日週-7月26日週の下降ラインを上抜く。ボリバン中位。雲の下。
月足、7月は6か月ぶりに陽線。21年3月-6月の下降ラインを上抜く。20年11月-21年6月の上昇ラインがサポート。21年2月-3月の下降ラインが上値抵抗。
年足、6年連続陰線。今年は僅かながらも陽線スタートも中銀総裁の電撃解任で陰転。18年-20年の下降ラインが上値抵抗。

f:id:okinawa-support:20210803080615j:plain

 

メルハバ

トルコ南部の山火事は放火?

 トルコ政府によると、トルコ南部の地中海沿岸で7月28日、山間部から火が出て周囲の山林や住宅地に燃え広がり、1日までに32の県に被害が拡大した。
 この火事で、住民や消防隊員、合わせて7人が死亡、860人以上がけがをするなどして病院に運ばれた。
 現地では、ロシアやアゼルバイジャンなど周辺の国々も協力して大規模な消火活動が続けられているが、今後も気温が40度をこえる暑さと空気の乾燥した状態が続く見込みで、火を消し止められるか予断を許さない状況だ。エルドアン大統領は、山火事の原因は放火だという見方を示していて、捜査に全力をあげる構え。

情報提供元:FX湘南投資グループ
本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたしま す。また、本レポートに記載された意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。 なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、FX湘南投資グループグならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。