読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

ドル/円:上下の値抵抗を抜けきれない状態続く。105.60超えで終えた場合は下値リスクがやや後退。103.50割れで終えるか、103.00割れを見た場合は一段のドル下落へ。

f:id:okinawa-support:20190819103105p:plain

 

※年末年始の配信について
Daily Comment「週刊版」の配信は12/21号(12/21配信)までとし、年初は1/4号(1/4配信)から開始させて頂きますので、何卒ご了承下さいますようお願い申し上げます。

ドル/円:上下の値抵抗を抜けきれない状態続く。105.60超えで終えた場合は下値リスクがやや後退。103.50割れで終えるか、103.00割れを見た場合は一段のドル下落へ。

直近の日足は小陽線で切り返して上値トライの可能性に繋げている。上昇余力の強いものではないが、日足の下値抵抗を守って終えており、ドル急落にもまだ繋がり難い。一方で、上値を切り下げる流れにも変化が認められず、104円台後半から105円台半ばにかけて強い上値抵抗が控えており、これらを全て上抜けるにも力不足の感が強い。短期トレンドは103.50割れで終えた場合や値動きの中で、103.00割れを見た場合は、新たなドル下げトレンド入りの可能性が高くなり、一段のドル下落に繋がり易くなる。現状は103円台後半の下値抵抗を守っていることや、クロス/円(ユーロ/円、オセアニア通貨、ポンド/円等)が、強気の流れに入っているものが多く見受けられることから、これらのトレンドが変化するか、ドル/円が103.50割れを見るまでは、下値余地も拡がり難く、ドルの突っ込み売りにも注意する必要がありそうだ。日足の上値抵抗は104.40-50、104.90-00、105.50-60に、下値抵抗は103.80-90、103.50-60、103.00-10にある。21日移動平均線は104.38にあり、この下で推移しているが“ダマシ”の範囲内にある。しかし、120日、200日線は105.66と106.44に位置しており、急伸した場合でもこれらが強い上値抵抗として働く可能性が高い。 一方直近の週足は十文字の寄せ線に近い形の足で終えており、上下の抵抗を攻めきれずに週初の寄り付き水準に戻して引けている。11/6に付けた103.18を基点とする短期的なサポートラインを守って下値を切り上げる一方で、上値を切り下げる流れからも上抜けていないことや、3月に付けた101.19を基点とするサポートラインからは、既に下抜けており、このレジスタンスラインが105.00-10に位置していることから、これをしっかり上抜けて越週するまでは下値リスクにより警戒する必要がある。また、これを上抜けた場合でも中期トレンドがまだ弱く、ドル急伸にも繋がり難いと見られる。今週の週足ベースで見た上値抵抗は105.00-10、105.80-90、107.00-10に、下値抵抗は103.50-60、102.30-40、101.10-20にある。31週、62週移動平均線は105.98と107.33に位置しており、中期トレンドは“ドル弱気”の流れを変えていない。 月足を見ると、11月足は実体が小さく値幅も狭い陰線引けとなり、単体では下げエネルギーの強いものではない。しかし、上値を切り下げる流れには変化が認められず、下値リスクがより高い状態に変わりない。104.00~104.50の月足の横サポートを守って越月したが、11月の値動きの中ではこれを下抜けていることから、下落リスクにより警戒する必要がある。12月足の上値抵抗は105.50~106.00、107.00~107.50に、下値抵抗は101.00±20銭、99.50~100.00にある。31ヵ月、62ヵ月移動平均線は108.66と109.76に位置しており、長期トレンドは“ドル弱気”の流れに変わりない。 今週の戦略は、ドル買いは様子見か103.60-70まで引きつけて。損切りは浅い場合で下値リスクが点灯する103.40、深い場合は一段の下落リスクが生ずる102.90で撤退としたい。売りは104.40-50で戻り売り。吹き値があった場合の上値余地を104.80-90まで見ておく必要がある。損切りは浅い場合で105.20、深い場合は下値リスクが若干後退する105.70に置く必要がある。 上値は、104.40-50に軽い抵抗が、104.70-80、105.00-10に強い抵抗があり、吹き値があった場合でもこの辺りが限度と見ているが、105.50-60の抵抗を実体ベースで上抜けて終えた場合は、下値リスクが若干後退して106.00超えにある上値抵抗をどこまでクリア出来るかトライする動きが強まり易くなる。この場合でも中期的な上値抵抗の厚いポイントにあることから、ドル急伸にも繋がり難く、107円台は大きな壁となろう。下値は、104.00-10に軽い抵抗が、103.90-00、103.60-70にやや強い抵抗があるが、103.50割れで終えるか値動きの中で103.00割れを見た場合は、新たなドル下げトレンド入りの可能性が高くなり、101円方向への一段のドル下落に繋がり易くなる。下値抵抗は、102.50-60、102.20-30、101.70-80、101.50-60、101.10-20。

ドル/円【日足】期間:2020/04/02~2020/12/04(移動平均線は21、120、200日、以下日足は同様)

f:id:okinawa-support:20201207071016p:plain


ドル/円【週足】期間:2017/10/20~2020/12/04(移動平均線は31、62週、以下週足は同様)

f:id:okinawa-support:20201207071034p:plain

ユーロ/円:短期トレンドは“ユーロ強気”。一段の上昇の可能性が点灯中。但し、長期は“ユーロ弱気”変わらず。

直近の日足は小陽線で切り返して上値余地を探る動きに繋げているが、上昇余力に欠けるものであることや、126.50-60の日足の抵抗を上抜けきれずに終えていること、127.00-10にもう一段強い抵抗が控えており、これらをしっかり上抜けて来ないと上値余地も拡がり難い。一方で4手前の12/1の高値引けの大陽線が、短期トレンドを“ユーロ強気”に変化させており、この陽線の値幅(安値124.49)を下抜けて終えない限り、下値余地も拡がり難い。新たな上昇トレンドに入って日が浅いことから、深い押しにも繋がり難いと見られ、目先は125円台での買い場探しの戦略で良さそうだ。短期トレンドは124.50割れで終えた場合は“ニュートラル”な状態に戻すが、123円割れで越週するか、122円台を割り込んで終えない限り、“ユーロ弱気”に変化しない。日足の上値抵抗は126.50-60、127.00-10、127.80-90に、下値抵抗は125.90-00、125.30-40、125.00-10にある。21日、120日、200日移動平均線は124.33、123.80、121.66に位置しており、短期トレンドは“ユーロ強気”の流れに入っている。 一方週足を見ると、2週連続陽線引けとなり、直近の陽線が9/1に付けた127.08を基点として上値を切り下げて来た流れから上抜けた位置で越週しており、新たな上昇トレンドに入った可能性が高くなっている。10/30に付けた121.62までの下げが調整的な押しに留まった可能性が高くなっており、今週も上値トライの動きが継続しよう。一方で、長期トレンドがまだ弱く130.00~130.50に月足の抵抗が控えていることから、これを上抜けて越月するまでは下値リスクにも注意する必要がある。今週の週足の上値抵抗は126.70-80、127.30-40、128.10-20に、下値抵抗は125.00-10、124.00-10、123.20-30にある。31週、62週移動平均線は122.69と121.24に位置しており、中期トレンドも“ユーロ強気”の流れに入った可能性が高くなっている。 月足を見ると、11月足は寄り付き安値の陽線引けとなり、10月の陰線の値幅を切り返して越月しているが、2014年12月に付けた149.55を基点として上値を切り下げて来た流れからは上抜けきれずに越月している。この月足の上値抵抗は126.60~126.80にある。今月は続伸のスタートとなり、既にこのレベルに到達している。これを上抜けて越月するかは定かではないが、週足の形状が強い状態にあるので、12月末にはこれをクリアしている可能性が高いように見える。しかし、2008年7月に付けた大天井である、169.97を基点として上値を切り下げて来た流れにはまだ変化が認められず、この月足の上値抵抗が130.00~130.50に位置していることから、これを上抜けて越月するまでは、長期トレンドは大きく変化せず、下値リスクにも注意する必要がある。12月足の上値抵抗は前述の126.60~126.80と130.00~130.50に、下値抵抗は124.50-60、121.80~122.00にある。31ヵ月、62ヵ月移動平均線は123.51と124.51にあり、下値抵抗として働く可能性が高くなって来た。 今週の戦略は、ユーロ買いは126.00-10の押し目を軽く拾って125.50で浅めに一旦撤退するか、125.10-20の押し目待ち。この場合の損切りは短期トレンドを“ニュートラル”な状態に戻す124.40で撤退。売りは様子見か127.20に浅い損切りを置くなら126.80-90で軽く試し売り程度に。 上値は、126.40-50に軽い抵抗が、126.70-80、127.00-10、127.30-40、128.00-10に強い抵抗があるが、上下動を繰り返しながらもどこまでクリア出来るかトライする動きが継続しよう。下値は、126.10-20、125.90-00、125.60-70にやや強い下値抵抗が出来ているが、125.50割れを見た場合は125.00前後の足元を固め直す動きが強まり易くなる。この場合でも下値余地が125.00±10銭に留まる可能性が高いと見ている。ただし、124.40-50の抵抗を下抜けて終えた場合は“ニュートラル”な状態に戻すが、122.50割れで越週するか、122円割れで終えない限り、短期トレンドは大きく変化しない。下値は、126.00±10銭、125.60-70にやや強い抵抗があるが、125.50割れを見た場合は下値余地が若干拡がり易くなり、125.00±10銭にある強い抵抗をトライする動きが強まり易くなる。現状下での押しはこの辺りが限度と見るが、124.50割れで終えた場合は、“ニュートラル”な状態に戻して123~124円台の足元を固め直す動きへ。この場合でも122.50割れで越週しない限り、調整下げの範囲内となるので、突っ込み売りにも注意する必要がある。(川合 美智子)

ユーロ/円【日足】期間:2020/05/19~2020/12/04(移動平均線は21、120、200日) ユーロ/円【週足】

f:id:okinawa-support:20201207071056p:plain

© 2020/WFXA
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第 119 条により罰せられますのでご注意ください。尚、このレポートは情報提供を目的としており、投資の最終判断は投資家自身でなさるようお願い致します。