読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

【トルコリラ円】中銀の政策アナウンスを前にリラが反発

f:id:okinawa-support:20200820163336p:plain


いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ!
その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。

8月20日(木)トルコリラ/円

基調
波乱含み

目先の注目材料
・8/20 トルコ中銀政策金利
・8/21 エルドアン大統領のエネルギーに関するアナウンス
・主要国株価、国際商品価格

中銀の政策アナウンスを前にリラが反発

昨日の海外市場では、ほとんどの主要通貨に対するドル高の流れに逆らってトルコリラが反発。
トルコのエルドアン大統領がエネルギー関連のイベントで「トルコの『新たな時代』を開く『良いニュース』を21日に発表する」と述べた事がリラ反発のきっかけとなった。
「良いニュース」の詳細は明かされていないが、資源純輸入国であるトルコは、黒海地域などでエネルギー資源の探査と掘削を行っている。
資源調達に関する「何らか」の期待が浮上したと見られる。
トルコリラ/円相場は過去最安値圏から持ち直し、14.638円前後まで一時上昇した。
明日の発表が待たれるところだが、その前に本日はトルコ中銀が金融政策を発表する。
中銀はインフレの高止まりを受けて利下げスタンスを撤回したが、市場では低金利主義者であるエルドアン大統領への配慮から、政策金利を引き上げる「表立った引締め」には動けないとの見方が多い。
政策金利である1週間物レポレートは8.25%に据え置いた上で、資金調達コストの押し上げなど「裏口的な引締め」に動くと見られている。
もっとも、「裏口的な引締め」では、リラの空売りは止められても、投資資金の国外流出は止められないだろう。
リラの本格的な反発には、政策金利をインフレ率以上に引き上げる「表立った引締め」が不可欠と見られる。
本日のトルコ中銀の金融政策に関するアナウンスと、エルドアン大統領による明日のエネルギー関連のアナウンスを受けて、トルコリラ相場の変動は一段と大きくなる可能性もある。
取引に際しては十分な注意が必要となりそうだ。

「為替チャート|トルコリラ/円(TRYJPY)|日足」はこちら