読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

【豪ドル米ドル】香港国家安全法

f:id:okinawa-support:20200629142022p:plain


いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ!
その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。

6月29日(月)豪ドル/米ドル

基調
下値警戒

目先の注目材料
・~6/30 中国全人代・常務委員会
・主要国株価、国際商品価格

香港国家安全法

豪ドル/米ドルは、日足チャート上で6月10日以降の高値を結んだ上値抵抗線(本日0.6935ドル前後)が切り下がる一方、6月15日以降の安値を結んだ下値支持線(本日0.6840ドル前後)は緩やかな右肩上がりを描いている。
いわゆる「ペナント」を形成しており、三角持ち合いが煮詰まりつつある様子が窺える。
新型コロナ第2波に対する懸念や、中国・香港情勢の不安定化を踏まえると、持ち合い下抜けを警戒すべきであろう。

中国・香港情勢については28日、全国人民代表大会(全人代)の常務委員会が始まり、香港の「国家安全法」が審議された模様。
香港メディアによると、審議最終日の30日に可決させ、イギリスからの返還記念日である7月1日に合わせて施行する可能性があるとの事だ。
香港の「国家安全法」は、中国政府が治安維持のための出先機関を香港に置く事を定めるなど「一国二制度」を形骸化させるのではという懸念の声が強い。
香港市民による抗議デモや国際社会からの中国に対する非難が激化すれば市場でリスク回避ムードが強まるおそれもある。
こうした場合、為替市場でもっともネガティブな反応を示すのは豪ドルだろう。
他方、ここ最近のリスク回避局面では円より米ドルが選好されるケースが多い。
ここ数日間は、豪ドル/米ドルの下落に警戒が必要な局面となりそうだ。

「為替チャート|豪ドル/米ドル(AUDUSD)|日足」はこちら