読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

ユーロ円今週の予想「上値トライの動き。上値抵抗にも注意。」FXチャート分析 2024/2/5

【ユーロ円週間予想】上値余地を探る動き。161.30超えで終えれば下値リスクが後退。逆に157円割れで終えた場合は新たな下落リスクが点灯。

日足は2手連続陽線引けとなり、上値トライの可能性に繋げているが、上値を切り下げる流れからは上抜けておらず、下値リスクがより高い状態に変わりない。但し、160.50超えで終えれば、“ニュートラル”な状態に戻して下値リスクが若干後退する。さらに161.20-30の抵抗を実体ベースで上抜けて終えた場合は、短期トレンドが変化して162円超えトライへ。逆に日足の下値抵抗が157.70-80にあるが、157.50以下で終えた場合は下値リスクが点灯、156円を割り込んで終えた場合は、中期トレンドも“弱気”に変化して下落余地がさらに拡がり易くなる。日足の上値抵抗は160.40-50,161.20-30,162.40-50,163.10-20に、下値抵抗は159.20-30,158.80-90,158.40-50,158.00±10銭にある。21日移動平均線は159.88にあり、若干上抜けて終えているが“ダマシ”の範囲内にある。しかし、120日、200日線は158.86と156.71に位置しており、中期トレンドをサポート中。

一方直近の週足を見ると続落して越週しているが、この陰線の下ヒゲがやや長く、下値トライに失敗して押し戻された形で終えている。この反動で週初は上値トライの動きが先行するとみられる。週足ベースで見た強い上値抵抗が160.70-80にあるが、これを上抜けて越週するか、日足が161.20-30の抵抗を上抜けて終えた場合は下値リスクが後退、週足が161.50超えで越週した場合は、上値余地が拡がり易くなり、163円超えにある一段と強い抵抗をトライする動きが強まろう。逆に、可能性が低いとみるが、156.50-60の抵抗を下抜けて越週した場合は新たな下落リスクが点灯、156円を割り込んで越週した場合は、中期トレンドも変化して152円方向への一段の下落リスクに注意が必要となる。

今週の週足ベースで見た上値抵抗は160.80-90,161.20-30,161.90-00,163.50-60に、下値抵抗は158.90-00,158.00±10銭、156.70-80にある。31週、62週移動平均線は158.34と151.88に位置しており、中・長期トレンドをサポートしている。

今週の戦略は、ユーロ買いは下値リスクを残した状態にあるので様子見か158.10-20まで引き付けて。損切りは157.40で一旦撤退。ユーロ売りは160.40-50で戻り売り。損切りは浅い場合で160.80,深い場合は161.30で撤退。

上値は、160.20-30,160.60-70,160.90-00,161.20-30に強い抵抗があるが、全てクリアして161.30超えで終えれば下値リスクが後退して162円超えトライの動きが強まり易くなる。下値は、159.50-60に軽い抵抗が、159.30-40,158.90-00,158.40-50,158.00±10銭に強い下値抵抗があり、全てを切り崩すほどの下落にも繋がり難いとみるが、157.70-80の抵抗を下抜けて終えた場合は、下値リスクが点灯、さらに156円割れで終えた場合は、中期トレンドが変化して一段の下落に繋がり易くなる。

 

© 2024 オフィスフレア/川合美智子
無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第 119 条により罰せられますのでご注意ください。尚、このレポートは情報提供を目的としており、投資の最終判断は投資家自身でなさるようお願い致します。