読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

オージー/円 緩やかな上昇トレンドが継続するか・・・

今週の注目通貨ペアはこれだ!


■  オージー/円 緩やかな上昇トレンドが継続するか・・・ 
先週は、火曜日に安値を付け、金曜日に高値を付ける展開でした。先週金曜日に先々週の戻り高値を終値 ベースでクリアしてきましたが、他の対円の通貨ペアと比較すると値動きはややオトナシめ、過熱感を醸し出すことなく上値追いの動きを実現していて、やや盛り上がりに欠ける展開となっています。もちろん、弱いということはないのですが。。。
移動平均線は、3本とも上昇しました。先週後半以降、実体線は3本の移動平均線の上側で推移し、実体線>短期>中期>長期という並び順が形成されていますので、上昇トレンドが継続中という判断でよいと思います。売り方の買い戻し圧力の高まりをあまり感じないのは、ボラティリティが低いということで説明が付きそうですね。
今週は、買い先行スタンスで臨みたいところです。ボラティリティが低い状況が変わらないとすると大きく上値を取りに行く動きは期待できないかもしれませんが、かと言って売りスタンスを取る明確な理由はチャート的には全く見当たりません。上値追いの動きよりも下値切り上げの動きを評価すべき展開と考える必要がある、そんな展開と考えるべき局面のような気がします。


その他 通貨ペア分析


■ ドル/円 やっとこさ長期の移動平均線水準へ到達・・・ 
先週は、月曜日に安値を付け、金曜日に高値を付ける展開でした。週間を通じて陰線の出現がなく、総じて堅調な動きを見せています。11月中旬から年末にかけて下落の一方、年明けから反発基調入り、頑張って戻してきた印象を強く受ける展開となっていますね。戻りが大きいだけに警戒感がなくもないのですが、あまりにも下がらないことから売り方の買い戻しが先行する展開となっています。
今週は、売り買いどちらという観点で言うと、やや先行スタンスで臨みたい 感じがしています。先週金曜日に形成した上ヒゲがやや気になるところではありますが、かと言って売りを選択する積極的な理由が見当たらないのも確かなところです。ボリンジャーバンドの幅が広がっていて、ボラティリティの高まりが気になるところではありますが、チャート的には買い先行スタンスを取るべき、大きな下押しは考えにくいという前提でよいのではないでしょうか。

■ ユーロ/円 大きな下落は望みにくいか・・・ 
先週は、月曜日に安値を付け、金曜日に高値を付ける展開でした。週間を通じて大きな陰線の出現は見られず、 ドル円以上に堅調な展開となっています。先週火曜日に終値ベースで先々週の戻り高値を超え、そこから売り方の買い戻しに拍車がかかり、そのまま週末に向けて値持ちしたという展開でしょうか、下がっても上がっても売り方の買い戻しが先行する形となっています。
今週は、買い先行スタンスで臨みたい感じがしています。実体線が3本の移動平均線の上側に位置していて、3本の移動平均線がいずれも上昇傾向を保っているということで、特に弱気スタンスを取る必要はなさそうな気がします。MACDもゼロラインの上側で上昇傾向を保っていますし、売り方の買い戻しが先行する展開が継続すると考えてよいような気がします。

■ ポンド/円 上値追いの可能性が高いのかも・・・ 
先週は、月曜日に安値を付け、金曜日に高値を付ける展開でした。水曜日の陽線で先週の戻り高値を一気に上抜け、売り方を粉砕している様子がチャートからも見て取れます。また、昨年11月下旬の戻り高値も金曜日に上抜けしていて、更なる上伸への足がかりを作ったと考えてよいと思います。元よりボラティリティの高い通貨ペアではありますが、ここまで伸びるとは・・・という印象です。
今週は、買い先行スタンスで臨まざるを得ないように思います。ただ、先週金曜日の足形を見てもわかるように、相変わらず上下動が激しく、下落した時にはしっかりと逆指値の損切り注文を発動させる必要があるでしょう。野放図に買いポジションを持ち越したり、下がったところを押し目買いと称して買ったりするのではなく、下げ止まりを確認した後の買い出動が望ましいように思います。

■ ユーロ/ドル 方向感のない動き・・・ 
先週は、月曜日に高値を付け、水曜日に安値を付ける展開でした。火曜日の陰線の出現で先々週の安値を割り込んできたことから買い方の投げが持ち込まれるかと思いきや、実際にはそうでもなく、先週後半は下げ止まりの兆しを見せ、金曜日には陽線でやや値を戻しての越週となっています。元々ボラティリティが低いこともあり、買い方の投げのエネルギーの蓄積は見られなかったということなのかもしれません。
今週は、少し様子を見てみたい感じがします。積極的に買いスタンスを取る理由は見当たりませんが、かと言って先週後半の下値切り上げの動きを見るにつけ、終値ベースで安値を下回ってこない以上は売りスタンスを取りにくい状況に変わりはないと言えるのではないでしょうか。全体的にボラティリティに欠ける展開と割り切り、明確な方向性を見せるまでスタンスを広めに取る方がよいかもしれませんね。

今週のチャートリーディング ~相場の強さ~

 

※例:「 ドル < 円 」ドル安、円高。 「<」が多いほどトレンドが強い。
情報提供元:(株)チャートリーディング
本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。また、本レポートに記載された意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、株式会社チャートリーディングならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。