読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

FX「22年、23年と最強通貨。今年も好スタート」メキシコペソ見通し

f:id:okinawa-support:20190828090023p:plain

 

総括

FX「22年、23年と最強通貨。今年も好スタート」メキシコペソ見通し

予想レンジ 8.3-8.8

(ポイント) 
*22年、23年と最強通貨となった。ペソ円の年足は3年連続陽線
*24年も好スタート
*ニアショアリングと郷里送金が原動力
*弱点は財政赤字拡大
*ペソ安予想もある
*12月消費者物価は上昇もコア低下
*自動車生産・輸出・国内販売、いずれも増加、23年
*1月発表の他の指標はやや弱い
*6月2日が大統領選挙
*2024年1Qに利下げを検討する可能性、ロドリゲス中銀総裁
*中銀ヒース理事、来年2月か3月までに金利を「調整」する可能性示唆
*マヤ鉄道の開業は財政負担となるか
*郷里送金42カ月連続増加
*対ドル1.6台突入はペソ高懸念にも注意
*大統領は「スーパーペソ」の復活を歓迎
*ペソ高が輸出に悪影響を与えるという懸念なし、財務副大臣
*トランプ大統領が誕生すればメキシコに一波乱あり

(今年もトップスタート)
 ペソは22年、23年と最強通貨となった。ペソ円の年足は3年連続陽線。2024年も昨日までドルを抑えてトップに立っている。依然堅調だ。目標は昨年の高値8.776円だろう。

(2023年は通貨も、株価も強かった二刀流)
2023年はペソが強く、政策金利が高止まりしていたが、メキシコボルサ株価指数も18.43%高と強かった。やはりニアショリング政策でのメキシコ経済の成長が期待されたのだろう。米経済も一部で予想されていたリセッションには陥らず、ソフトランディングとなっていることもメキシコ経済に良い影響を与えた。

(ペソ安予想もあるが)
 ペソ安予想も多い。ロイター調査によると、メキシコ中銀が今年、金融緩和に踏み切ると予想され、ペソとドルの金利差が縮小してペソの魅力が低下する可能性があるためだ。 25人の通貨ストラテジストの調査では、ペソは今年末には対ドルで5.4%安の1ドル18ペソ近辺になるとの見通しが示された。しかし、メキシコが金融緩和する時には並行して米国や他国も緩和すると見られ金利差は縮小せず売り要因とならないと思う。ペソ円が安くなるのは、日本の貿易赤字がさら縮小して黒字へ向かう時だろう。それは原油価格がカギを握る。日本が31年連続の貿易黒字を出し円高が驚異的に進んでいた時の原油価格は50ドル以下であった。そこは気をつけたい。

(12月消費者物価)
 12月消費者物価は前年比で予想の4.57%上昇を上回る4.66%となったが、コア指数が予想の5.15%を下回る5.09%となったことで金利も上昇せずペソ円も伸び悩んだ。

(自動車生産・輸出・国内販売、いずれも増加、23年)
 2023年の自動車生産台数は377万9234台と、前年比14%増加した。新型コロナウイルス禍や半導体不足が一巡し、国境を接する米国向けを中心とする輸出が回復。生産台数は2年連続で前年実績を上回った。
 23年のメキシコからの自動車輸出台数は約330万台と15%増えた。23年は米国の輸入全体の相手国としてメキシコがトップに浮上し、中国が首位から陥落する可能性が高い。メキシコから米国への輸出は自動車や部品など関連製品が多くを占める。

巨大市場、米国の近くに生産拠点を配置する「ニアショアリング」が本格化し、23年は全米自動車労組(UAW)のストライキによる米国生産の停滞でメキシコ生産を拡大する動きも見られた。メキシコ国内の自動車販売台数は約136万台と24%増えた。

(その他年初、発表された指標はやや弱い)
12月製造業PMIは52で前月の52.5を下回った
12月企業信頼感指数54.6で前月の54を上回った
12月消費者信頼感指数は46.8で前月の47.3を下回った。
11月鉱工業生産は前年比で2.8%増、前月の5.5%増を下回った。

(大統領選挙は)
今年は6月2日に大統領選がある。財政支出を拡大し人気を博してきたロペスオブラドール大統領は退任する。同じく与党モレナのシェインバウム氏が有力候補。ニアショアリングを軸とした経済政策は変えないだろうが、財政赤字の拡大は格付け悪化にも繋がるので慎重な姿勢をとるだろう。

テクニカル分析

年初来堅調、一時ボリバン3σ上限まで浮上

 日足、年初来堅調、一時ボリバン3σ上限まで浮上。1月10日-11日の上昇ラインがサポート。11月27日-1月11日の下降ラインが上値抵抗。5日線、20日線上向き。
 週足、ボリバン中位を割り込んでいたが先週は上位に浮上。12月18日週-1月2日週の上昇ラインがサポート。11月20日週-27日週の下降ラインが上値抵抗。5週線上向く、20週線下向き。
 月足、23年7月から山なり状態が続く。10月-12月の上昇ラインがサポート。8月-11月の下降ラインが上値抵抗。
 年足、23年で3年連続陽線。14年-22年の下降ラインを上抜く。22年-23年の上昇ラインがサポート。



VAMOS MEXICO

世銀成長率見通し

今週発表された世銀の成長見通しは23年が3.6%、24年が2.6%。

情報提供元:FX湘南投資グループ
本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたしま す。また、本レポートに記載された意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。 なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、FX湘南投資グループグならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。