読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

FX/為替「中南米通貨しっかり、雇用統計直後はドル高も続かず=メキシコペソ」:マイナー通貨 2023年12月11日

f:id:gaitamesk:20231211165348p:plain

中南米通貨しっかり、雇用統計直後はドル高も続かず=メキシコペソ

 先週末8日の中南米市場は、対ドルで中南米通貨田化がやや優勢となった、最も目立ったのは消費者物価指数が強かったコロンビアペソ。その他通貨も基本的に買いが優勢。ドルメキシコペソは東京午前の1ドル=17.50ペソ前後からじりじりとペソ高となり、いったん17.38台を付けた後、少し戻して米雇用統計を迎え、直後に17.52前後までと高値を更新したが、その後は一転してドル安ペソ高となり、17.30台を付け、戻りも鈍く17.35前後で週の取引を終えている。
 対円ではドル円で145円をトライする円安の流れに支えられ、東京午前の8円15銭付近からの上昇が続き、8円35銭台を付けた。
USDMXN 17.357 MXNJPY 8.355
(配信:みんかぶFx 2023/12/11(月) 6:50)

ドル人民元3週間ぶりドル高元安=中国人民元

 週末に発表された中国消費者物価指数、生産者物価指数が予想を下回る伸びに留まったことを受けて、週明けの中国市場は元安が優勢となった。ドル人見元は7.1842まで上昇。3週間ぶりのドル高元安となった。
USDCNY 7.1841
(配信:みんかぶFx 2023/12/11(月) 11:14)

「高機能チャート(テクニカル分析)」はこちら
PC:https://www.gaitame.com/markets/chart/advanced.html
スマホ:https://www.gaitame.com/markets/chart/advanced_sp.html

 
●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。