【ドル/円】:調整下げの動きが継続。強い下値抵抗にも注意。

 

2023年7月12日

【ドル/円】:調整下げの動きが継続。強い下値抵抗にも注意。

ドル/円は続落し、上値を急角度で切り下げています。調整下げに留まるなら139~140円台を大きく割り込まない可能性が高くなるので、このレベルでの売りも慎重に。短期トレンドは142円台に実体を戻して引ければ下値リスクがやや後退、142.50超えで終えれば調整下げが一巡した可能性が生じます。逆に、139円割れで越週するか、日足が138.50以下で終えた場合は、135円方向への新たな下落リスクが生じます。 今日は注目の米6月のCPIが日本時間21:30に発表されます。市場予想は前年同月比3.1%(前月4.0%)、コア同5.0%(前月5.3%)と前月から低下の予想となっています。 ドル買いは様子見か139.30-40までの押し目があれば軽く試し買い。損切りは138.80で撤退です。売りは141.30-40の戻り待ちとします。損切りは142.10で撤退です。 日足の上値抵抗は141.30-40,142.00-10,143.00-10,143.50-60に、下値抵抗は140.00±10銭、139.40-50,138.90-00,138.50-60にあります。

【ユーロ/円】:下値余地を探る動き。

ユーロ/円は続落。上値を切り下げており、下値リスクが高い状態です。買いは引き続き様子見か、153.00-10まで引き付けて。152.50で撤退です。売りは154.90-00戻り売り。上値余地を155.30-40近辺まで見て置く必要があります。損切りは155.70で一旦撤退です。上値抵抗は154.70-80,155.00-10,155.30-40,155.90-00に、下値抵抗は154.20-30,153.50-60,153.00-10にあります。152.50以下で終えた場合は新たな下落リスクが生じます。156.50超えで終えれば下値リスクが後退します。

【ユーロ/ドル】:押し目買い方針継続。

ユーロ/ドルは寄せ線に近い形で終えており、寄り付き水準に戻しています。短期トレンドは強い状態を保っていますが、強い上値抵抗ゾーンにあり、1.1100-10の抵抗をクリアするまでは上値余地も拡がり難いでしょう。買いは1.0960-70の押し目待ちとします。損切りは1.0940で浅めに一旦撤退です。売りは様子見か、1.1110に浅い損切りを置くなら1.1070-80まで引き付けて軽く試し売り程度に。上値抵抗は1.1040-50,1.1070-80,1.1100-10に、下値抵抗は1.0990-00,1.0960-70,10940-50,1.0910-20にあります。

© 2023/WFXA
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第 119 条により罰せられますのでご注意ください。尚、このレポートは情報提供を目的としており、投資の最終判断は投資家自身でなさるようお願い致します。
 
top