読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

FX「中銀利上げ一時停止示唆も、経済指標は強い、大統領病状心配」メキシコペソ見通し

f:id:okinawa-support:20190828090023p:plain

 

総括

FX「中銀利上げ一時停止示唆も、経済指標は強い、大統領病状心配」メキシコペソ見通し

予想レンジ 7.1-7.6

 (ポイント)
*今夜、1Q・GDP発表
*ロペスオブラドール大統領、コロナ感染で週末に一時意識途絶
*財政赤字は拡大
*ロドリゲス中銀総裁が、次回会合で利上げの一時停止を示唆
*4月前半の消費者物価は伸び率低下
*GDPを占う2月経済活動指数はまずまず
*3月貿易収支は黒字に転換
*重要指標はこれから、5月18日の金融会合まで
*米国とメキシコのハイレベル経済対話 は有効
*経済指標強い
*政策金利を据え置く余地、議事要旨
*通貨は年初来最強、株価指数も強い
*郷里送金とニアショア投資がペソを支える
*政府の成長見通しは3%と高い。民間予想の約倍
*政府のインフレ率見通しはを2023年は3.2%から5.0%へ引き上げ
*2024年に大統領選挙がある
*4Qの経常収支は赤字から黒字へ転換

(一時、米株下落によるリスク回避、メキシコの利上げ停止観測で下げる)
 メキシコペソ円はボリバン2σ上位から反落も中位以上は維持した。米株大幅下落によるリスク回避でペソが売られたが、さらにロドリゲス中銀総裁が、「5月18日の政策金利決定会合で利上げの一時停止について話し合う予定」と発言したことも売りを誘った。今週は7.481から一時7.321まで下落した。現在7.40。
 メキシコのボルサ株価指数は現在12.34%高、先週末は12.27%高。

(4月前半の消費者物価、上昇率縮小)
 4月前半の消費者物価が、前年同期比で6.24%上昇。3月前半(同7.12%上昇)に比べて伸び率が縮小したことも影響した。農畜産物とエネルギー価格を除くコアインフレ率は7.75%だった。コアインフレ率に含む「農畜産物を除く食料品と飲み物、たばこ」は前年同期比で12.38%上昇した。コアインフレ率に含まない「果物と野菜」は同2.83%の上昇にとどまった。「畜産」は同7.81%上昇した。 全体としてインフレ圧力がいくらか和らいでいる。

(重要指標はこれから)
5月18日の次回会合前に発表される1Q・GDPや4月製造業PMI、失業率、企業信頼感指数、4月全体の消費者物価などのデータも考慮される。

 GDPに影響する2月経済活動指数は前年比3.8%増で、前月の4.5%増からは若干伸び幅を縮小したが経済指標は、ニアショリング効果もあり強く雇用は増加している。

(3月貿易収支、3か月ぶりの黒字)
11.69億ドルの黒字。3か月ぶりの黒字となった。輸出が前年比3.2%増、一方輸入は1.1%増に留まった。石油関連を除く工業製品の輸出が5.5%増。

(米墨関係では対話充実)
 心強いのは米墨関係がしっかりしていることだ。自由化を求める米国と、左派的な政策もとるメキシコとの衝突も懸念されるが、頻繁に対話を行なって前に進んでいる。米国とメキシコのハイレベル経済対話 (HLED) は、メキシコと米国の戦略的な経済的および商業的優先事項を推進し、両国の経済発展と成長を促進し、雇用創出を促進し、競争力を高め、貧困と不平等を削減するとした。HLED は、4 つのテーマの柱を中心にしている。 共に再建、雇用機会を創出、将来の繁栄のためのツールを確保(情報通信など)、人々への投資などだ。

テクニカル分析

高値圏(ボリバン2σ上位)から反落もボリバン上位に留まる

 ボリバン2σ上位から反落も中位を割らず、雲の上。5日線下向く。20日線上向き。4月26日-27日の上昇ラインがサポート。4月25日-27日の下降ラインが上値抵抗。
週足、ボリバン上位で推移。雲の上。5週線、20週線上向き。3月27日週-4月3日週の上昇ラインがサポート。3月6日週-4月17日週の下降ラインを一時上抜くも再度下抜く。
 月足、ボリバン上位で推移も横ばい。1月、2月は陽線。3月は下へ突っ込むも、
後半戻す。4月は陰線スタートも陽転。1月-3月の上昇ラインがサポート。5か月線上向く、20か月線は上向き。
 年足、一時22年の長い上ヒゲを上抜くも、その後23年も長い上ヒゲに転じる。21年-22年の上昇ラインがサポート。

 

VAMOS MEXICO

ロペスオブラドール大統領、コロナ感染で週末に一時意識途絶

 ロペスオブラドール大統領は4月22日に新型コロナウイルス感染に伴う血圧低下で一時意識が途絶えた。2013年に重症の心臓発作を発症していることから、報道では心臓発作か脳卒中を発症した可能性が伝えられたが、大統領はコロナ感染による心臓と脳への影響はないと説明。「一種の目まい状態になり一時的に意識が途絶えたが、意識不明にはなっていない」と述べた。
大統領はまだ公務に復帰しておらず見通しも明らかにしていないが、体調は良好で今後の行事に備え演説原稿の作成に忙しく取り組んでいると述べた。
エルナンデス内相は、大統領が今週中にも公務に復帰する可能性があると発言している。




情報提供元:FX湘南投資グループ
本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたしま す。また、本レポートに記載された意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。 なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、FX湘南投資グループグならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。