読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

FX/為替「リスク選好の動きが新興国通貨買い誘う=メキシコペソ」:マイナー通貨 2023年4月11日

f:id:gaitamesk:20230411165923p:plain

一時ドル高、その後新興国通貨高に=メキシコペソ

 10日の中南米市場は欧州市場が休場でやや取引参加者が少ない中で、序盤はドル高が優勢となった。先週金曜日の米雇用統計を受けて米国の追加利上げ期待が広がり、ドル高につながった。その後は一転してドル売り。ドルペソは1ドル=18.07ペソ台から18.28台を付けて18.13台という展開。
 米国の追加利上げ期待が強い中でも米株が堅調な動きを見せたことで、リスク選好の動きが広がり、ペソ高につながったとみられる。
 対円では円売りの動きもあってしっかり、ロンドン市場で7円36銭前後を付けた後、いったん対ドルでのペソ安に7円30銭割れを付けたが、その後ドル円がしっかりとした動きを続ける中で、対ドルでのペソ高も入り、7円37銭に迫る動きを見せた。
MXNJPY 7.353
(配信:みんかぶFx 2023/4/11(火) 7:08)

ドル人民元一時6.89台、元安傾向=中国人民元

 朝のドル人民元は6.8920前後まで上昇。昨日の高値を超え、三日以来のドル高元安圏での推移。とはいえ、3月末に上下へ心服した後のレンジ内での推移に留まっており、大きな流れにはなっていない。
 対円では昨日海外市場でドル円の上昇などに19円45銭台を付けた。その後少し調整。
(配信:みんかぶFx 2023/4/11(火) 10:44)

対ユーロでのクローナ売り傾向続く、22年ぶりの介入はあるのか=スウェーデンクローナ

 ユーロクローナでのユーロ買いクローナ売りの流れが続いている。3月13日に2009年以来のクローナ安圏となる1ユーロ=11.48クローナ台を付けた後、3月15日のスウェーデン消費者物価指数の予想以上の伸びなどを受けて11.10クローナ割れまでの調整が入った。
 しかし、その後は再びユーロ高クローナ安の流れに転じ、今週11.45クローナ台を付けている。パンデミック後に流動性の低い通貨への売りが強まった2020年春に付けた11.36クローナを超えてのクローナ安進行に、市場は警戒感を強めている。リーマンショック後に付けきれなかった11.80が視野に入っており、リクスバンク(スウェーデン国立銀行・中央銀行)による2001年以来約23年ぶりの為替介入の実施も一部で意識されている状況となっている。
EURSEK 11.421
(配信:みんかぶFx 2023/4/11(火) 15:38)

※ この記事は情報提供を目的としており、投資の最終判断は投資家自身でなさるようお願い致します。

「高機能チャート(テクニカル分析)」はこちら
PC:https://www.gaitame.com/markets/chart/advanced.html
スマホ:https://www.gaitame.com/markets/chart/advanced_sp.html

 
●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。