読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

ドル/円3分早わかり「円高期待、少し先?賃金上昇圧力、常態化-米国2月雇用動態調査JOLTS」2023年4月4日発表

この番組は、TEAMハロンズ黒川が本日の注目材料を3分でわかりやすく解説する番組です。
平日21:00よりTEAMハロンズLIVE番組【実践リアルトレード】を配信しています。テクニカル分析の解説やリアル口座を使ったトレードをお見せしています。チャットでお受けしたご質問もお答えします。
お時間がありましたら、ぜひご参加ください!!
最新LIVE配信ページや過去動画はコチラからご覧いただけます。

円高期待、少し先?賃金上昇圧力、常態化-米国2月雇用動態調査JOLTS

動画要旨

米国2月雇用動態調査JOLTS

4月4日、23時00分に米国で2月雇用動態調査、JOLTSが発表されます。

JOLTS は、米労働省が発表する労働需要の動向を示す指標です。雇用統計が労働者側から見た統計であるのに対し、この指標は雇用主から見た統計で、調査対象は16,000の事業所となっています。産業別に、求人数、採用数、退職者数、レイオフ・解雇者数など労働者の動態を調査します。

米国2月雇用動態調査JOLTSを見る上でのポイントは3つ

米国2月雇用動態調査JOLTSのポイント

1つ目は、求人件数は1月は1082万件と12月の1123万件から減少しました。2021年10月の1136万件を頭にピークアウトしているものの、依然として1000万件を上回るレベルが続いています。コロナ前の1年間の平均が710万件程度だったことを踏まえると、企業側の採用意欲はまだ強い様子です。

2つ目は、1月のレイオフ・解雇者は昨年12月から24万1000件と急増し、件数はコロナ前の平均値184万人へ近づいています。

また、求人情報専門のインディードがまとめたIndeed Job Postings Indexも低下しており、雇用市場の規模縮小が懸念される材料も散見されます。

3つ目は、パウエルFRB議長が着目する指標の一つである求人倍率は、コロナ前の1.19倍より高い1.90倍となっていて、賃金インフレが意識されやすい環境である点には注意です。

また、コロナ前の2019年と比較すると、求人件数の伸びに対して、採用者の伸びはそれほど大きくありません。企業側も技能などを吟味して採用を絞っている様子がうかがえ、労働者側が考えているよりも就職のハードルは低くないように思われます。今後の雇用情勢に懸念が残ります。

ドル/円の反応

米国2月雇用動態調査JOLTS

米国2月雇用動態調査JOLTSへの反応
TEAMハロンズとしては、FRBの利上げの累積効果や2月に発表されたインフレ指標の影響は懸念されますが、中堅銀行の破綻前だったこともあって、労働市場への逆風は強まっていないとの思いから、指標直後の反応は上向きと見ています。

もっとも、3月以降、米経済やFRBの金融政策の見通しが不鮮明となっており、結果はあくまでも過去の数字と受け止められやすく、ドルの上昇幅も限られるのではないでしょうか。

3分早わかり過去の結果

過去の3分早わかりの結果
※過去10回分を表示、更新日2023年4月4日
※この文章は情報提供を目的としており、見通しはあくまでも個人的な見解に基づいたもので、結果を保証するものではありません。投資の最終判断は投資家自身でなさるようお願い致します。

LIVE配信のご案内

平日21:00よりTEAMハロンズLIVE番組【実践リアルトレード】を配信しています。テクニカル分析の解説やリアル口座を使ったトレードをお見せしています。チャットでお受けしたご質問もお答えします。お時間がありましたら、ぜひご参加ください!!
最新LIVE配信ページや過去動画はコチラからご覧いただけます。

 
Teamハロンズ
円卓で有名だった旧・上田ハーローの元ディーラー・ストラテジスト・アナリストの所属のチーム。マネ育chに「3分テクニカル分析」(動画)、週刊為替レポート「ハロンズ」、米雇用統計レポート「米国雇用統計の予想と戦略」等執筆。X(Twitter)アカウントTEAMハロンズ(@TeamHallons)では、マーケット雑感、経済指標のヘッドラインを呟いている。平日21:00からはLIVE番組【実践リアルトレード】も担当し、テクニカル分析の解説やリアル口座を使ったトレードをお見せするなど、FX個人投資家の皆様のお取引に有効な情報を日々、配信している。
●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。