読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

FX/為替「一時対ドルでの中南米通貨買いも続かず=メキシコペソ」:マイナー通貨 2023年2月28日

f:id:gaitamesk:20230228172832p:plain

一時対ドルでの中南米通貨買いも続かず=メキシコペソ

 週明け27日の中南米市場では、対ドルでの中南米通貨買いが序盤に目立ったが、その後反転した。ドル高の一服感や米耐久財受注の弱さなどが対中南米通貨でのドル売りを誘った。ブラジルレアルが燃料税の徴取再開が報じられたことで売りに転じ、その他中南米通貨も序盤の上昇分を解消する動きとなった。メキシコペソは週末に起きた選挙制度改革案に抗議する大規模デモへの警戒なども見られた。
 ドルペソは東京市場の1ドル=18.42ペソ前後から18.31ペソ台を付けたが、その後ドル安分をほぼ解消する場面が見られた。夕方にかけては若干のドル売りが入っている。
 対円ではロンドン市場で7円43銭台を付けたが、ドル円の135円台までの調整などもあって7円38銭まで下げた後7円41銭台まで回復。
USDMXN 18.371 MXNJPY 7.414
(配信:みんかぶFx 2023/02/28(火) 07:17)

ドル人民元は6.94台での推移=中国人民元

 一時のドル高元安の流れが一服、昨日の海外市場からの元買いの流れが今朝も継続しドル人民元は6.94台での推移。週明けは6.97台を付ける場面が見られたが、動きがかなり大きくなっていることもあり、少し警戒感が出ていた。
 対円では元高円安圏でもみ合い。19円60銭前後での推移が続く。
USDCNY 6.9455 CNYJPY 19.604
(配信:みんかぶFx 2023/2/28(火) 10:36)

9日の金融政策会合後の堅調地合いを維持=スウェーデンクローナ

 今月のスウェーデンクローナは対ドル、対ユーロ、対ノルウェークローネでのクローナ買いが優勢となった。きっかけとなったのは9日のスウェーデン国立銀行(リクスバンク・中央銀行)金融政策会合。市場予想通りとなる0.5%の利上げを決めた同会合は、声明で今後の追加的な引き締め姿勢を強調。政府債の売却を4月から加速させる方針などを示し、追加利上げにも前向き姿勢を見せた。
 市場は今回の利上げでいったんの打ち止めを期待していたため、この中銀声明を受けて一気にクローナ買いに。その後も1月の消費者物価指数がコア前年比で上振れとなったことや、中銀総裁が基調インフレの高さに警告を示したことなどを背景にクローナ高基調が続いている。
 ユーロクローナは節目の11.00クローナ割れではユーロ買いが出る流れで下値を支えているが、戻りが鈍い。ドルクローナはドル全面高が支えも、対ユーロでのクローナ買いなどに上値を押せられている。
USDSEK 10.411
(配信:みんかぶFx 2023/2/28(火) 10:47)

※ この記事は情報提供を目的としており、投資の最終判断は投資家自身でなさるようお願い致します。

「高機能チャート(テクニカル分析)」はこちら
PC:https://www.gaitame.com/markets/chart/advanced.html
スマホ:https://www.gaitame.com/markets/chart/advanced_sp.html

 
●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。