読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

FX「通貨のリパトリ政策改善でリラ円は小康」トルコリラ見通し


総括

FX「通貨のリパトリ政策改善でリラ円は小康」トルコリラ見通し

 (通貨最下位、株価首位)  
予想レンジ トルコリラ/円7.3-8.3

(ポイント)
*8月、9月と月間最弱通貨を抜け出している
*政府の通貨のリパトリ政策は進展している
*エルドアン大統領や財務相は、中銀に政策金利をさらに引き下げるよう助言
*8月失業率、5か月連続改善
*今週は8月経常収支、鉱工業生産の発表がある
*エルドアン大統領は今週プーチン大統領と会談か
*韓国とのスワップ協定を実施、ドルを得た
*トルコがEUの政治共同体の第1回会合に招待された
*トルコのEU加盟における利点を協調(副外務大臣)
*83.45%のインフレでも大統領が追加利下げ示唆
*9月製造業PMIは悪化
*トルコ、ロシアのウクライナ4州併合認めず
*S&Pが格付け見通しを引き下げ
*OECDがトルコの22年の成長見通しを上方修正
*SCO加盟を宣言
*7月経常収支は赤字が継続
*2Q・GDPは7.6%と高成長
*来年は大統領選挙、エルドアン大統領の支持率は低下
*トルコは西側のロシア制裁に加わらず
*観光収入は増える
*トルコ実業界はリラの対ドルレートを9から14の間で推移することを望む


(少し底堅い)
 トルコリラは8月の月間順位が3位、9月が4位。10月は7位スタート、年間最弱通貨ではあるが、このところは少し底堅い。前回述べたように9月の消費者物価は前年比上昇率が83.45%で予想は下回ったものの24年ぶりの高水準となった。インフレが深刻だが、中央銀行は過去2カ月で2回利下げをしている。輸送価格が前年比118%上昇、食品・非アルコール飲料が93.05%上昇。9月の生産者物価は前年比151.5%上昇。

 (リパトリ政策は進んでいる)
政府の「リパトリ政策」が進展しており、外貨預金をリラ預金にシフトする動きが続いている。昨年末比ドル換算では外貨預金は減少、リラ預金は98%増加。


 
(政策金利を一桁に引き下げる)
 高インフレでもエルドアン大統領や財務相は、中銀に今後の会合で政策金利をさらに引き下げるよう助言したことを明らかにした。政策金利が年内に1桁に低下すると予想。「利下げ」がインフレ率の低下につながるとの持論を繰り返した。

(8月失業率、5か月連続改善)
8月失業率は9.6%で7月の10%から改善した。5か月連続改善。2013年3月以来の低い失業率。若者(15-24歳)の失業率は18%。労働参加率は53%で0.4%改善。
失業者は10万人減少し331.2万人、就業者数は36.6万人増加して3104.4万人となった。

(今週の指標)
今週は8月経常収支、鉱工業生産の発表がある

(エルドアン大統領とプーチン大統領が今週会談か)
 エルドアン大統領は今週、カザフスタンの首都アスタナでプーチン大統領と会談する可能性がある。 クレムリンのスポークスマン、ペスコフ氏が記者団に語った。

(トルコのEU加盟は世界のターニングポイントになる)
カイマクジュ副外務大臣は、「トルキエのEU加盟は非常に困難で、争われ、疑問視されている加盟国ですが、他の加盟国と比較して最も価値があり、有利なEU加盟国になるでしょう」と、カイマクチュ副外務大臣は語った.
 トルコは歴史、地理、経済、芸術、スポーツ、貿易において世界で最も重要な国の 1 つであると述べた。
「これは、どの国をも軽視するために言っているのではありません。チェコとスロバキアの EU 加盟は、EU に何をもたらしますか? 私は軽視しません、支持します、拍手しますが、トルコの EU 加盟は、EU とトルコを世界的なアクターにすることができます」と彼は付け加えた。

テクニカル分析(トルコリラ/円)

概ね横ばい。雲の上に出る

 日足、雲上に出る。10月7日-10日の上昇ライン、8月2日-10月7日の上昇ラインががサポート。9月22日-10月10日の下降ラインが上値抵抗。5日線上向き、20日線ほぼ横ばい。
 週足、ボリバン中位。21年12月20日週-22年10月3日週の上昇ラインがサポート。9月12日週-19日週の下降ラインが上値抵抗。
 月足、22年5月-7月の下降ラインを上抜く。8月-9月の上昇ラインがサポート。21年3月-9月の下降ラインが上値抵抗。
年足、7年連続陰線。22年は一時寄り引き同時に近づいたが、また円に引き離される。18年-21年の下降ラインが上値抵抗。



メルハバ

韓国はスワップ取引でトルコ中央銀行に7億8000万ドルを送金

トルコは、アラブ首長国連邦、中国、カタール、韓国と合計 280 億ドルの通貨スワップ協定を締結している。韓国は、9月末に2021年に署名されたスワップ協定の下で合意された20億ドルの一部である7億8000万ドルをトルコ中銀に送金した。

情報提供元:FX湘南投資グループ
本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたしま す。また、本レポートに記載された意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。 なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、FX湘南投資グループグならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。