読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

FX/為替予想「同じ引き締め観測でもウクライナ情勢で明暗 アジア新興国にも影響」FXトレードシミュレーション 2022/4/6

FXトレードシミュレーション

【欧米による対ロ追加制裁】同じ引き締め観測でもウクライナ情勢で明暗 アジア新興国にも影響!

市場の注目点をおさらい、事前にシミュレーションしてFXトレードの準備を行いましょう。
想定されそうなシナリオをイメージしてリスクを低減!

【本日の米欧による対ロ追加制裁の内容に注目】

世界的な物価上昇で、これまで利上げにやや消極的とみられていた豪州や欧州でも、以下のように年内利上げ観測が意識されています。

・ECB(欧州中央銀行)→エネルギー価格上昇によるインフレ加速で、年内にマイナス金利解消の見通し
・RBA(豪準備銀行)→交易条件の改善から経済の持ち直し観測から年内2%付近までの利上げ観測

→しかし、足元のユーロと豪ドルの値動きはほぼ正反対


【理由は:】

・欧州はロシアのウクライナ侵攻による欧州のエネルギー調達先の変更の必要性から物価が上昇するとともに、成長減速不安からスタグフレーションが警戒される
・豪州は石炭・LNG(液化天然ガス)などの化石燃料輸出国であるほか、戦地との距離があること、同国格付けがAAAであることなどから投資資金を集めている


こ両地域の地政学的リスクの差が通貨の強弱に影響
→米、EUが本日6日にも決定するとみられるロシア産石炭輸入の禁止などを盛り込んだ追加経済制裁の内容次第では、ユーロと豪ドルの格差がさらに拡大する危険はある
→場合によっては、ユーロドルは3月7日に付けた年初来安値1.08057ドルを目指す可能性

【アジア諸国にも余波】

ロシアの石炭生産は世界の5.2%で、そのうち35%が欧州向け。それ以外は、中国、インド、韓国、日本などとなっている。韓国や日本以外の国々は制裁に加わっておらず、引き続きロシア産石炭の輸入を続けると考えるが、欧州の調達先変更に絡んで世界的に価格上昇が進めば、アジア新興国の成長減速の不安も高まる。

直近のユーロ(上)と豪ドル(下)の動向(※対ドル、8時間足)

ユーロと豪ドルのチャート

「為替チャート|ユーロ/米ドル(EURUSD)|60分足」はこちら
「為替チャート|豪ドル/米ドル(AUDUSD)|60分足」はこちら

「高機能チャート(テクニカル分析)」はこちら
PC:https://www.gaitame.com/markets/chart/advanced.html
スマホ:https://www.gaitame.com/markets/chart/advanced_sp.html

●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。