読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

FX見通し「ユーロは弱いが、ホリデーシーズン前に下げ渋る?」週刊為替レポート ハロンズ ユーロ/ドル 2021年11月20日

f:id:guh202109:20210908154742p:plain

▼今週の振り返り-ユーロは弱い
▼まだまだ弱い…
▼勝負は感謝祭まで…
▼ユーロ円は三役逆転
▼11/22 週のイベント
▼一言コメント

ユーロは弱いが、ホリデーシーズン前に下げ渋る?

今週の振り返り-ユーロは弱い

米国では強いインフレ関連指標などの結果などにより早期利上げ期待が強まる一方で、ユーロはラガルドECB議長が「今引き締め策をとることは利益よりも害が大きい」と語るなど、早期利上げ期待を牽制。欧米の利上げ開始時期の見通しの差が大きく影響を与え、ユーロ/米ドルは一時昨年7月10日以来の1.1264ドルまで下落。そのほか、ドイツ当局がロシア産天然ガスを欧州に運ぶパイプライン「ノルドストリーム2」の稼働前に必要な認証プロセスを停止したことで欧州での天然ガス価格の上昇や、欧州各国で新型コロナの感染拡大により経済が減速することへの懸念などがユーロ売りを強める要因となりました。

まだまだ弱い…

欧州各国での新型コロナ第4波の感染拡大がおさまりません。ドイツでは17日の新規感染者数が52,826人と過去最高を更新。ベルギーでは少なくとも週4回の在宅勤務を義務付けるなど、各国で規制導入の動きが強まっています。ただ、これまでと違うのは比較的どの国もワクチン未接種者に対しての規制を強めている点です。それでも、ワクチン接種率が全人口の70%に満たないドイツなどでは経済の減速懸念が強まっています。利上げ時期も当面先、経済も減速傾向となると、特に利上げ間近と言われている米ドルや英ポンドに対してユーロは売られやすい状況が続きそうです。

勝負は感謝祭まで…

バイデン米大統領は感謝祭までに次期FRB議長を感謝祭までに決定すると伝わっており、現行のパウエル議長の再任か、ブレイナードFRB理事かの2択。ブレイナード理事が昇格となった場合は、同氏がパウエル議長よりもハト派ということで、米国の利上げ時期が後ずれするとの思惑が市場に働きそうです。その場合はこのところ、堅調な動きをしていた米ドルへの調整が入ってもおかしくないでしょう。来週25日は感謝祭で米国は休場、翌26日もブラックフライデーで米国の約半分の州は祝日となるため市場参加者は減少します。足元では11月10日から急激なユーロ売り、ドル買いが進みました。休暇前にはポジションの調整も入ると思います。基本はユーロ売りとなりますが、ポジション調整には要警戒。25、26日は大きなトレンドが出ない限りは無理をして参入しなくても良いのではないでしょうか。

ユーロ円は三役逆転

ユーロ円は10/20からの下落トレンドの継続中。さらに11/17から三役逆転が点灯中です。当面の下値目途は今年の安値127.93円付近となりそうです。上値は日足一目均衡表転換線や雲が目途となりそうです。

【ユーロ/円 日足 一目均衡表】

f:id:gaitamesk:20211119105528p:plain

 

出所:外為どっとコム「外貨ネクストネオ」

予想レンジ:
EUR/JPY:128.00-131.00、EUR/USD:1.1150-1.1450

11/22 週のイベント:

11/22 (月) 00:00 ユーロ圏 11月消費者信頼感(速報値)
11/23 (火) 17:15 フランス 11月製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)
11/23 (火) 17:15 フランス 11月サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)
11/23 (火) 17:30 ドイツ 11月製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)
11/23 (火) 17:30 ドイツ 11月サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)
11/23 (火) 18:00 ユーロ圏 11月製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)
11/23 (火) 18:00 ユーロ圏 11月サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)
11/24 (水) 15:45 フランス 11月企業景況感指数
11/24 (水) 18:00 ドイツ 11月IFO企業景況感指数
11/25 (木) 16:00 ドイツ 7-9月期国内総生産(GDP、改定値、季調前)(前年同期比)
11/25 (木) 16:00 ドイツ 12月GFK消費者信頼感調査
11/26 (金) 16:45 フランス 11月消費者信頼感指数



(執筆:中村 勉)

一言コメント:

フランスでは2018年にマクロン大統領が国旗の青色の部分を明るい青から濃紺に変更していたことが判明して話題になっています。1976年に当時のジスカールデスタン大統領が欧州連合(EU)旗に合わせてライトブルーに変更したものを、以前の濃紺に戻したとのこと。大統領の演説の際などに後ろに置いてあったりするのに、約3年間もメディアを含め誰も気付かなかったのは「まさか、勝手に変えるはずがない」という固定観念でしょうか。日本国旗の色(白地ではなく赤の方)が変わったら皆さん気付きますかね?スポーツの国際大会以外であまり日の丸を見る機会がない私は気付かなそうです…(汗)

●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。