読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

【ユーロドル】イタリア首相の信任投票に注目

f:id:okinawa-support:20210118145618p:plain


いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ!
その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。

1月18日(月)ユーロ/ドル

基調
下値警戒

目先の注目材料
1/18 伊首相信任投票(下院)
・主要国株価、国際商品価格

イタリア首相の信任投票に注目

今月5日に行われた米ジョージア州の上院決選投票で民主党が勝利した事から、財政拡大を織り込みつつ米長期金利の上昇とともにドル高が進行。
決選投票の結果が判明した6日以降、ユーロ/ドルは下落に転じた。その後、13日にはイタリアでレンツィ元首相率いる政党が連立政権を離脱した事からコンテ内閣の存続が危ぶまれユーロ売りが強まった。
これを受けて15日に1.21ドル台を割り込んだユーロ/ドルは、本日の東京市場で昨年12月9日以来の1.2060ドル台まで下落。
6日に付けた高値(1.23491ドル前後)から約2.3%の調整となっている。

こうした中、本日はイタリア下院でコンテ首相に対する信任投票が行われる。
仮に不信任多数となっても上院の投票結果を待つ必要があるため直ちに政権崩壊に繋がるものではないが、市場には動揺が走る公算が大きい。
下院で不信任となれば解散総選挙の可能性が増す事になるためだ。
解散総選挙には至らなくとも、政局の混迷で同国の新型コロナ対策が滞るのは確実だろう。
イタリアの政局動向によっては、ユーロ/ドル相場が節目の1.20ドルを割り込む可能性もありそうだ。

「為替チャート|ユーロ/ドル|日足」はこちら

●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。