読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

【ユーロドル】独企業景況感は堅調か

f:id:okinawa-support:20201216162723p:plain


いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ!
その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。

12月18日(金)ユーロ/ドル

基調
波乱含み

目先の注目材料
・12/18 独12月Ifo企業景況感指数
・主要国株価、国際商品価格

独企業景況感は堅調か

本日は独12月Ifo企業景況感指数が発表され、ドイツ企業の足元の景況感と先行きの見通しが明らかになる。
市場予想は90.0となっており、前月の90.7から小幅に低下する見通しだ。
内訳の期待指数は92.5に上昇(前月:91.5)すると見られているが、現況指数が89.0に低下(前月:90.0)すると予想されている。
16日に発表された独12月PMI・速報値は製造業、サービス業ともに予想を上回っており、ドイツ企業の景況感が新型コロナウイルスの感染拡大によって大きく悪化している公算は小さい。
本日のIfo企業景況感指数が、PMI同様に予想以上の好結果となれば、ユーロの上昇が加速する可能性もありそうだ。

ユーロ/ドルは、昨日のNY市場で1.22726ドル前後まで上値を伸ばして約2年8カ月ぶりの高値を付けた。
独12月Ifo企業景況感指数が予想を上回れば1.23ドル台に上伸する事も考えられる。
ただ、相場が高値圏で推移しているだけに、週末を前にしたポジション調整の動きを警戒しておく必要もありそうだ。
仮にIfo企業景況感指数が振るわなければ利益確定のユーロ売りのきっかけとなってもおかしくないだろう。

「為替チャート|ユーロ/ドル|日足」はこちら