読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

【NZドル円】マイナス金利へのスタンスがかぎに

f:id:okinawa-support:20200623150300p:plain
いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ!
その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。

6月23日(火)NZドル/円

基調
方向感模索

目先の注目材料
・6/24 RBNZ金融政策
・主要国株価、国際商品価格

マイナス金利へのスタンスがかぎに

NZドルは、本日の東京市場でナバロ米大統領補佐官の発言に振り回されて乱高下したが、明朝(日本時間11時)にはNZ中銀(RBNZ)の金融政策発表が予定されており、連日で値動きが荒くなる可能性がある。
RBNZは前回5月の会合で大規模資産購入プログラム(LSAP)の規模を600億NZドルに倍増。
政策金利は史上最低の0.25%に据え置いたが、マイナスの政策金利が将来の選択肢になるとの見解を示した。
ただ、オア総裁は翌日の議会証言で、一部の銀行はまだマイナス金利に対応が出来ておらず運用上の課題が残っていると述べて、市場のマイナス金利観測をけん制した。
明日の会合では追加利下げやLSAP再拡大などの金融緩和は行われない見通しであり、このマイナス金利へのスタンスが最大の見どころとなりそうだ。
足元では、経済活動の再開などを受けてNZ景気の早期回復期待が高まっており、金利先物市場における年内の利下げ予想も後退している。
仮にRBNZがマイナス金利に関する文言を維持すれば、市場へのハト派メッセージが効きすぎる可能性がある。
一方で、完全に削除すれば、市場からタカ派化したと受け取られる恐れもある。
RBNZは、コロナ感染の終息が見えない中で振り上げた「マイナス金利」という拳の下ろしどころを探すのに苦労しそうだ。


「為替チャート|NZドル/|日足」はこちら