読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

シリア北部での戦闘が影を落とす。リラを支えた経常収支も悪化

f:id:okinawa-support:20190828090108p:plain

 

総括

シリア北部での戦闘が影を落とす。リラを支えた経常収支も悪化

(通貨6位、株価3位)

予想レンジ トルコリラ/円 17.7-18.7

(ポイント)
*シリア北部での戦闘が続く
*トルコ・ロシアで終戦へ向けた会談は始まったが、まだ合意なし
*経常収支が赤字化
*他の経済指標は回復し、20年は5%成長の政府見通しとなっている
*19年4Qの成長率は前年比5%か=政府予想
*今週は政策金利の決定がある
*19年貿易収支は改善、ただまだ赤字
*19年は世界で6番目に観光客の来訪が多かった
*11月鉱工業生産、小売売上、1月企業と経済信頼感指数、製造業PMIも改善
*国営銀行がリラ買い支え
*非居住者との間の為替スワップを制限
*中国発のコロナウィルス肺炎の感染拡大でリスクオフとなり売られている
*ただ、株価指数は意外と強い
*EUが対トルコ制裁を決定(キプロス沖での石油開発で)
*フィッチが格付け見通しを上方修正
*海外からトルコ国内への投資は増加

(市況)
先週も経済指標は好調で、12月鉱工業生産指数は、前年比8.6%上昇、景気回復を背景に4カ月連続で上昇した。株価も新型肺炎の世界的感染の中で年初来5.0%上昇と日経平均の-0.56%下落と比べても好調だ。ただトルコリラは最近じり安傾向にある。理由の一つは、トルコ国境に近いシリア北部イドリブ県で反体制派最後の拠点をアサド政権軍が、反体制派を支援するトルコと相次ぎ衝突を起こしていることだ。ロシアはアサド政権を支持、一方エルドアン大統領は「今月末までにアサド政権の軍が退却しなければ、軍事行動でイドリブ県のほぼ全域から強制的に排除する」との考えを改めて示し正常化の見通しは立っていない。

(経常収支に異変)
 もう一つの売り要因は、これまでリラ買いを支えていた経常収支が19年11月に5か月ぶりに赤字、12月も赤字となったことで需給では売り要因に転じていることだ。

(今週は政策金利)
 今週は政策金利の発表がある。これまで常に市場予想を上回る利下げを行ってきた中銀だが、今週も小幅利下げ(0.25%から0.5%)の予想となっている。ただインフレ上昇率を下回る政策金利、実質マイナス金利となっている現状、利下げは市場からは経済の正常化と捉えられず正当化されなくなり売り要因ともなる。

(終戦へ向けて会談は始まっている)
 トルコとロシアがシリア北部イドリブ県での戦闘を終えるためにモスクワで会談を始めている。シリアでの内戦をトルコ・ロシアのこれまでの協調関係に悪影響を与えないようという意識はある。外相と軍関係者が参加している。ただ未だ合意には達していない。
 

(2019年の貿易赤字は前年比43.5%減、輸入の低迷が影響)
 2019年の輸出は前年比2.1%増の1,715億3,068万ドル、輸入は9.1%減の2,027億451万ドルとなり、貿易赤字は43.5%減の311億7,384万ドルとなった。

 輸出を品目別にみると、鉄鋼が米中貿易戦争の長期化の影響で、需要が低迷したことなどから、前年比13.9%減となった。また、最大の輸出品目である自動車・同部品も同様に全体の約7割を占めるEU向けが弱く、前年の水準を下回った。他方、鉱物性燃料は65.8%増と急増し、一般機械も好調だった。このほかでは、家具(11.5%増)、じゅうたん(11.8%増)などの伸び率が高かった。

テクニカル分析(トルコリラ/円)

ボリバン下位で下げ止まる

日足、ボリバン下限の18.01に近づき下げ止まっている。2月10日-12日の下降ラインが上値抵抗。2月13日-17日の上昇ラインがサポート。5日線下向き。
週足、19年8月26日週-19年2月3日週の上昇ラインがサポートであったが下抜く。2月3日週-10日週の下降ラインが上値抵抗。ボリバン下限近いが拡大しつつある。
月足、19年8月-12月の上昇ラインを下抜く。19年12月-1月の下降ラインが上値抵抗。18年8月-19年8月の上昇ラインがサポート。

年足 5年連続陰線、今年は陽転して始まるも1月末は再び陰転。15年-18年の下降ラインが上値抵抗だが上抜くか。

f:id:okinawa-support:20200218090815j:plain

メルハバ

トルコ、2019年の観光客数で世界第6位

 トルコは2019年では世界で6番目に来訪者が多かった国となった。
世界観光機関(UNWTO)によって2019年に最も多く観光客があった国が明らかになった。
 これによると、トルコには、前年比14パーセント増の5250万人の観光客が訪れた。
 首位はフランスで来訪者9000万人。2位はスペインの8380万人。3位は米国の7870万人、中国が6760万人で4位、イタリアが6460万人で5位となっている。
トルコのほかメキシコ、タイ、ドイツ、イギリスも上位10か国にランクインした国となった。
 昨年最も多く来訪者数が減少した国のランキングでは香港が首位に立っている。

情報提供元:FX湘南投資グループ
本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたしま す。また、本レポートに記載された意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。 なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、FX湘南投資グループグならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。