読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

【見通し】株式明日の戦略-伸び悩むも昨年来高値を更新、上昇に弾みをつけられるか

9日の日経平均は大幅続伸。終値は385円高の33763円。休場の間の米国株の動きが良かったことから、寄り付きから300円を超える上昇。半導体株に強い買いが入り、開始直後には上げ幅を600円超に広げた。33900円台に乗せながらも34000円は超えられなかったことから、買い一巡後はしばらく値を消す流れが続いた。ただ、後場に入って33600円まで水準を切り下げたところでは盛り返し、以降は33700円台で値動きが落ち着いた。終盤にかけては、昨年7月につけた高値(33753.33円)近辺でのもみ合いが長く続いたが、終値ではこれをわずかに上回り、昨年来高値を更新した。

 東証プライムの売買代金は概算で4兆1300億円。業種別ではその他製品、機械、精密機器などが上昇した一方、海運、鉱業、鉄鋼などが下落した。上方修正や増配を発表したダイセキが急伸。半面、12月度の月次が失望を誘ったアップガレージグループが大幅に下落した。

 東証プライムの騰落銘柄数は値上がり1315/値下がり311。エヌビディアなど米半導体株の大幅高を受けて、アドバンテスト、東京エレクトロン、ディスコ、ソシオネクストなど半導体株が軒並み高。ソフトバンクG、任天堂、キーエンスなどグロース株の主力銘柄が買いを集めた。持分法適用関連会社の上場準備を開始すると発表したDeNAや、サウジ政府系ファンドの買い増しが判明したコーエーテクモが大幅高となるなど、ゲーム株の動きが良かった。ほか、自己株取得を発表したファーマフーズが急騰した。

 一方、NY原油の大幅安を嫌気して、INPEXが軟調。川崎汽船など海運株や日本製鉄など鉄鋼株が弱く、総じて市況系のバリュー株が嫌われた。国内ユニクロ月次がさえなかったファーストリテイリングが逆行安。株式の売り出しが嫌気された稲畑産業が大幅安となった。

 日経平均は大幅上昇。34000円には届かなかったものの、昨年来高値は更新した。これまで同様に33800円を超えてくると上値は重くなったが、それでも昨年来高値を更新したのだから、この後の動きは注目される。あす上昇して始まれば、もみ合い上放れへの期待が高まる。きょうはグロース株以外はそこまで強く買われているわけではなく、日本株全体ではまだ過熱感は乏しい。国内では本日から小売の決算がチラホラ出てきており、この先は徐々に個別の材料も増えてくる。非常に良い流れができつつあるだけに、まずは次の心理的節目である34000円を早々に上回る展開に期待したい。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ