読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

FX「今週は3月消費者物価、タカ派の中銀の発言にも注目したい」南アランド見通し

f:id:okinawa-support:20190828090357p:plain

 

総括

FX「今週は3月消費者物価、タカ派の中銀の発言にも注目したい」南アランド見通し

「通貨最下位、株価9位」
「予想レンジ 南アランド7.1-7.6」

(ポイント)
*今週の焦点は消費者物価、中銀総裁はタカ派
*2月消費者物価は7%へ上昇
*先週は12通貨中4位であった。株価指数は年初来7.97%高とまずまず
*3月は月間MVP 年初来ではまだ最弱
*2月製造業生産、鉱山業生産は悪化
*新規投資目標を設定
*電力改革の実行は遅い
*3月の2つのPMIは悪化
*南ア中銀は予想の0.25%利上げに比し0.5%の利上げ
*2月貿易収支は黒字へ
*IMFは成長見通し引き下げ
*停電は軽減
*電力大臣ポストを新設
*南アの最大貿易相手国は輸出入ともに中国
*インフレ率は23年は5.4%、24年は4.8%と予想(中銀)

(新たな投資を呼び込めるか)
まだ年初来最弱通貨だが、3月、4月の月足は下ヒゲ長く下値抵抗を見せている。先週は12通貨中4位であった。株価指数は年初来7.97%高とまずまずだ。

停電の障害があり製造業生産、鉱山業生産は悪化。2月製造業生産は前年比5.2%減(前月は4.1%減)、鉱山業生産は4.9%減(同3.3%増)となった。

(そこで出た新規投資計画)
ただ先週ランドが戻したのは、「南ア投資会議」でラマポーザ大統領は、今後5年間で2兆ランドの新規投資を呼び込むという目標を設定したことがある。南ア、過去5年間で1.51兆億ランドの新たな投資契約を結んだ。これは、2018年に設定された目標を26%上回っているとした。
ただ企業幹部らは、南ア政府が投資家心理を回復させるにはエネルギー、輸送、治安の問題を早急に解決する必要があると述べた。

(遅い電力改革の実行)
エスコム会長は、新しい送電会社は2023年3Qまでに稼働するはずだと述べたが当初の計画より遅れている。ラマポーザ大統領は2019年にエスコムを送電、発電、配電の3つの部門に分割すると発表していた。

(今週の焦点は消費者物価、中銀総裁はタカ派)
今週は消費者物価と小売売上の発表がある。3月消費者物価の予想は前年比7%上昇、前回予想を上回る政策金利の0.5%の引き上げを実施した中銀は現在もタカ派姿勢を崩していない。

テクニカル分析(ランド/円)

ボリバン上位へ浮上。5日線、20日線上向く。

 日足、連続陽線で雲下限に近づく。7.20円以下は下ヒゲを2日連続出して抵抗した。4月13日-14日の上昇ラインがサポート。3月31日-4月10の下降ラインが上値抵抗。5日線、20日線上向く。
 週足、2σ下限から反発も中位越えられず。雲の下。4月3日週-10日週の上昇ラインがサポート。4月3日週-10日週の下降ラインが上値抵抗。5週線上向く、20週線下向き。
 月足、3月は5か月ぶり陽線。4月も陰転。ただ3月と、4月ここまでは下ヒゲが長い。雲に中。20年5月-23年3月の上昇ラインがサポート。22年6月-23年3月の下降ラインが上値抵抗。5か月線、20か月線は下向き。
 年足、21年、22年は短い陽線。23年は陰転。20年-22年の上昇ラインを下抜く。08年-22年の下降ラインが上値抵抗。



喜望峰

南ア産出の鉱物資源、2023年は

2023年4月14日までの南ア産出の鉱物資源の動きは

・金 10.16%高
・銀6.87%高
・パラジウム16.22%安
・プラチナ 2.52%安

情報提供元:FX湘南投資グループ
本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたしま す。また、本レポートに記載された意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。 なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、FX湘南投資グループグならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。