読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

ドル円139円台で推移 レンジ相場へ移行か

ドル円139円台で推移

16日のドル円は、昼過ぎにかけてウクライナ情勢に関する地政学リスクの後退などを背景に140円台まで上昇しましたが、その後夕方には139円台前半まで押し戻されました。以降はアメリカの指標発表や要人発言を受けて上下する場面もありましたが、本日にかけて大きな方向感のない動きが続きました。

16日は朝からウクライナの隣国ポーランドにロシアのミサイルが着弾し死者が出たとの報道が行われ、一時国際社会の緊張が高まりました。アメリカのバイデン大統領がミサイルについて「ロシアから発射された可能性は低い」との見解を示したことが伝わると、地政学リスクの後退を背景にドル円は140.29円付近まで上昇しましたが、その後139円台まで押し戻されました。

日本時間の22時半には米10月小売売上高が発表され、結果が堅調であったことから再びドル円は上昇し140円台を回復しましたが、その後23時過ぎに発表された米10月鉱工業生産が市場予想を下回ったことなどを受けて139.04円台まで反落しました。

その後は米FRB高官の発言を受けて小幅に変動する場面などがありつつも、本日にかけて139円半ばを挟んだレンジ内で推移しました。

ドル円はレンジ相場へ移行か

ウクライナ情勢をめぐる地政学リスクが一旦後退し、アメリカの利上げペースの減速を意識したドル売りは一服したとの見方もある中、ドル円は今後レンジ相場に移行する可能性が高いと見られています。

直近の材料としては、本日22時半にアメリカの失業保険の申請件数等に関する指標や、11月フィラデルフィア連銀製造業景気指数などの発表が予定されており、これらの結果に相場が反応する可能性に注意が必要です。

 
●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。