読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

FX/為替予想「BoE金融政策委員会、後退するタカ派イメージはどうなる 投票行動に注目」FXトレードシミュレーション 2022/05/05

FXトレードシミュレーション

BoE金融政策委員会、後退するタカ派イメージはどうなる 投票行動に注目

【英BoE金融政策委員会】

本日は、日本時間20時に英国の金融政策が発表されます。
市場コンセンサスは、0.25%引き締めで政策金利が1.0%になる見込みです。今回利上げされれば4会合連続での利上げとなります。

BoEコンセンサス

【ポイントは投票行動】

ポイントは、今後の利上げ方針、購入資産の売却スケジュールなど着目される材料は多いですが、あえて的を絞るなら金利決定に際しての投票行動でしょうか。投票行動には、利上げの道筋や資産売却など各委員の政策運営が反映されるほか、BoEとしても方向性もみえてくるからです。

想定するマーケットの反応ですが、

(1)0.25%利上げ主張(7~8人)、0.5%利上げ主張(1~2人)なら、発表直線のレベルから1.5円超上昇
(2)据置き主張(1~2人)、0.25%利上げ主張(4~6人)、0.5%利上げ主張(1~2人)なら、発表直線のレベルから1円程度上昇
(3)据置き主張(0人)、0.25%利上げ主張(9人)、0.5%利上げ主張(0人)なら、発表直線のレベルで上下0.7~1円の値幅で振幅
(4)据置き主張(1~3人)、0.25%利上げ主張(6~8人)、0.5%利上げ主張(0人)なら、発表直線のレベルから1.5円超下落
を考えています。
執筆時点のポンド/円レート:162.474円(5/5 16:37)

【BoE会合後の想定されるポンド/円の値動き】

BoE金融政策
※ あくまでも個人的な見解で、値動きや方向性を保証するのもではありません。
※ この文章は情報提供を目的としており、投資の最終判断は投資家自身でなさるようお願い致します。

直近の会合結果を振り返ってみますと、2月は委員会のメンバー9人のうち4人が0.50%利上げを主張していたことで、タカ派観測が高まりました。

しかし、3月はカンリフ副総裁が据え置きを主張して、8対1で0.25%利上げと、タカ派イメージが低下していますので、ポジティブサプライズに警戒したいです。

最後に、今後のインフレ見通し資産売却を巡る議論の行方にとっては、ポンドの振幅が想定と違う方向に動く場合もありますので、ご注意ください。

ポンド/円チャート 4時間足-上 日足-下 

ポンド/円チャート

「為替チャート|ポンド/円(GBPJPY)|60分足」はこちら

「高機能チャート(テクニカル分析)」はこちら
PC:https://www.gaitame.com/markets/chart/advanced.html
スマホ:https://www.gaitame.com/markets/chart/advanced_sp.html

●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。