読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

【豪ドル/円】RBA、利上げには賃金の伸びが必要との見解 G.COMデイリーレポート 2021年5月18日号

f:id:okinawa-support:20210208165718p:plain

いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ!
その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。

5月18日(火)豪ドル/円

基調
底堅い

目先の注目材料
・主要国株価、国際商品価格
・5/19 豪1-3月期賃金指数

RBA、利上げには賃金の伸びが必要との見解

豪中銀(RBA)は、本日公表した5月理事会の議事録で、「豪経済は以前の予想よりも早く回復から拡大に移行」としながらも、(現状1.1%前後の)インフレ率が目標の2-3%に収まるまで利上げをしない方針を維持し、2024年までにそうした状況になる公算は小さいとの見通しを改めて表明。また、「インフレ目標の達成には賃金上昇率が持続的に3%を超える事が必要になる公算が大きい」との見解を示した。ただ、市場はRBAの慎重姿勢を懐疑的に見ており、2022年後半の利上げを織り込み始めている。

そうした中、明朝に発表される豪1-3月期賃金指数に注目が集まりそうだ。市場予想は前年比+1.4%となっており、RBAが利上げの条件として挙げた3%の半分以下に留まる見通しとなっている。伸び率が予想を下回るようだと豪ドルの下押し材料になる公算が大きい。なお、RBAは9月に終了する資産買入プログラム第2弾の将来について、7月会合で検討するとしている。明日の1-3月期賃金指数の結果はそうした議論にも影響する可能性があるため注目しておきたい。

「為替チャート|豪ドル/日本円(AUDJPY)|日足」はこちら