読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

【ユーロドル】ECB総裁の楽観見通し

f:id:okinawa-support:20210121152504p:plain

いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ!
その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。

1月25日(月)ユーロ/ドル

基調
戻り試し

目先の注目材料
・1/25 ラガルドECB総裁講演
・主要国株価、国際商品価格

ECB総裁の楽観見通し

欧州中銀(ECB)のラガルド総裁は、ユーロ圏経済について21日の理事会後の会見で「不確実性は依然として高い」としながらも、「見通しの下振れリスクは以前よりも顕著ではなくなった」「経済が回復するにつれてインフレ圧力は上向く公算」などと、やや楽観的な見方を示した。
2022年3月まで継続すると表明した1兆8500億ユーロの緊急債券購入プログラム(PEPP)についても、「全額使いきる必要はない」と改めて表明した。
これを受けてユーロは反発しており、ECB理事会前の18日に1.20532ドル前後まで下落していたユーロ/ドルは、理事会翌日の22日には1.21894ドル前後まで持ち直した。
ラガルド総裁がハト派姿勢を弱めたと市場に受け止められた事で、ラガルド総裁自身が「非常に注意深く見守っている」として警戒するユーロ高を招いた格好だ。

こうした中、本日行われるラガルド総裁の講演に注目したい。
改めて楽観的な見通しを示すようだとユーロ/ドルが1.22ドル台を回復する可能性もありそうだ。
ただし、ユーロ高けん制のトーンを強めてくる可能性も否定はできない。
目先のユーロ相場の反発力を見極める上で、本日のラガルドECB総裁の講演が注目されよう。

「為替チャート|ユーロ/ドル|日足」はこちら

●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。