読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

【豪ドル円】リスクオフ再燃で下値のメドは?

f:id:okinawa-support:20201113162709p:plain


いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ!
その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。

11月13日(金)豪ドル/円

基調
不安定

目先の注目材料
・主要国株価、国際商品価格

リスクオフ再燃で下値のメドは?

豪ドル/円相場は今週9日に新型コロナウイルスワクチンへの期待が高まる中で75.00円台から77.00円台へと急伸。
11日には約2カ月ぶりに77.10円前後まで上値を伸ばした。
しかし、昨日は新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからない事を嫌気して欧米株が下落する中、76円台を割り込んで反落。本日のアジア市場では75.70円台まで続落しており、今週前半の上げ幅の半分以上を吐き出す格好となった。
新型コロナウイルスの感染拡大懸念がワクチン期待を上回る形で本日も欧米株式市場が下落するようなら、豪ドル/円相場にもう一段の下げがあってもおかしくなさそうだ。
下値のメドは10月後半以降の上げ幅の半値押しにあたる75.11円前後および9日安値の75.07円前後になると考えられる。
とはいえ、新型コロナウイルスの感染再拡大は世界的にある程度想定内であろう。
欧米株が昨日の調整を経て下げ止まるようなら豪ドル/円も反発する事になるだろう。
上値のチャートポイントは、日足一目均衡表の雲上限の76.22円前後と心理的節目の76.50円前後と見られる。

リスク選好で買われやすくリスク回避で売られやすい豪ドルと、リスク選好で売られやすくリスク回避で買われやすい円の組み合わせである豪ドル/円は、市場センチメントに最も敏感に反応する通貨ペアのひとつだ。
新型コロナウイルスを巡る情勢に振り回されている足元の金融市場に鑑みれば、もっとも変動しやすい通貨ペアと言えるだろう。

「為替チャート|豪ドル/円|日足」はこちら