読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

FX初心者には1,000通貨単位の少額投資が1万通貨よりもおすすめな理由とは?

f:id:navimedia:20210727180735j:plain
 FX取引の最小取引単位である1Lotは、「1,000通貨単位」を採用しているFX会社と「1万通貨単位」を採用しているFX会社で大きく必要になる金額が異なります。
 外為どっとコムでは「1,000通貨単位」を採用しています。(※1)
 通貨単位が「1,000通貨」と「1万通貨」ではどのような違いがあるのか、なぜ外為どっとコムでは少額取引が可能な「1,000通貨」にしているのかを紐解いていきます。

1万通貨がFX初心者に与える経済的負担

 日本で最も取引されている通貨ペア「米ドル/円」で、「1,000通貨」と「1万通貨」の違いを考えてみます。1米ドル=100円のとき、取引の最小取引単位が1万通貨単位だと、米ドルを売買するために最低100万円が必要になります。
 ただし、為替レートは日々変動するため、もし1米ドル=110円まで円安になると、1万通貨は110万円になります。

 ご存知の通り、FXは実際の資金よりも多くの資金が運用できるレバレッジの利用が認められた金融商品です。その際、レバレッジに見合った保証金(証拠金と同義)を用意することになります。

計算式は以下の通りです。

 

(為替レート×通貨数量)÷ レバレッジ倍率 = 必要保証金(円)


 個人の方は最大25倍のレバレッジが使えますので、1米ドル=100円のときに25倍のレバレッジをかけ、1万通貨を取引したとすると、必要になる保証金は4万円ということになります。

 

(100円×10,000通貨)÷ 25(レバレッジ倍率)=4万円


 ただ、この金額は、最大レバレッジを掛けて取引をした際に必要な“理論上”の最小金額です。
 相場が大きく不利な方向へ動いた場合は、アッと言う間に保証金は足りなくなり、ロスカットでポジションが決済され、損失が確定します。
 よって実際はもっと資金を増やして、レバレッジを低くするのがオススメです。

 初心者がFX取引する場合、レバレッジを2~3倍程度に抑えるべきだと言う記事などをしばしば見かけます。
 そうなると最低でも30万円~50万円は用意しなければなりません。

(100円×10,000通貨)÷ 2(レバレッジ倍率)=50万円 (米ドル円の場合)


 多くの資金を投入できるのに越したことはありませんが、数十万円の余裕資金は簡単に出せるものでもありませんし、せっかく用意した資金が一瞬で失われてしまっては、元も子もありません。
 結局のところ、1万通貨を最小単位に設定しているFX会社だと、事前にかなりのお金を貯めてからでないと、FXがスタートできないことになってしまうのです。
 これが1,000通貨だと、10分の1ですから、レバレッジ25倍なら保証金は4,000円、レバレッジ2〜3倍なら3万円〜5万円です。
 50万円を貯めるのと、5万円を貯めるのでは、時間も負担もかなり違ってくるでしょう。

FX初心者の精神的負担を減らす1,000通貨

 体験したことのある方も少なくないと思いますが、FX会社の多くが本番と近い環境で取引が体験できる「デモトレード口座(デモトレ)」を用意しています。
 しかし、“デモトレ”はあくまでシミュレーターです。
 実際に自分自身のお金を投じて取引する“本番”口座とは、投資家が抱える心理的な負担が大きく異なります。

 投資経験の少ないFX初心者が、本番口座なのに“デモトレ感覚”で気軽にポジションを持つことは、 “アッ”と言う間に市場から退場させられてもおかしくない行為です。
 資金が多額であるならば、自分の思惑が外れて一瞬で財産を失ったときの経済的損失と精神的ショックは、さらに多大なものとなるでしょう。
だからFX初心者は、経済的・心理的負担の少ない少額投資から始めてはいかがでしょうか。

 そのときに、最小通貨単位が「1,000通貨」であれば「1万通貨」よりも10分の1の金額で投資が可能になります。
 当然、経済的なリスクは10分の1になり、心理的負担はそれ以上に少なくなるかもしれません。
 だからこそ、FX初心者の方は1,000通貨単位を採用しているFX会社で口座を開き、リスクの低い取引を何度も繰り返して、投資の経験値を積んでいきましょう。

1,000通貨と1万通貨ではロスカットラインが変わる

 FX取引では投資家保護の目的で「強制ロスカット」という機能が用意されています。
強制ロスカットは、保有するポジションの含み損が一定水準を超えた時点で、ポジションが強制的に決済(ロスカット)される仕組みのことです。
 相場の急変などで、投資家が必要以上に深傷を負わないようにするためのセーフティネットなのですが、損失自体は確定してしまいます。

 強制ロスカットは証拠金維持率(有効比率)で判断されます。なお、FX会社によって強制ロスカットが執行されるレベルは異なります。
 例えば、外為どっとコムでは、証拠金維持率が100%〜50%の間で、10%刻みで設定できるようになっています。(※2) 
50%に設定した場合は、50%を下回るとポジションは自動的に決済されます。

なお、証拠金維持率は以下の計算式で算出できます。

証拠金維持率(有効比率)=(有効評価額 ÷ 必要証拠金)× 100(%)


 有効評価額とは、FX会社に預け入れた保証金にその時点での「含み損益」を加えた時価評価額のことです。
 この式では、為替変動により含み損が生じると有効評価額が減額し、有効比率が低下して強制ロスカットの可能性が高くなることを示しています。

 これを為替レートという視点から考えてみます。計算には外為どっとコムのロスカットシミュレーターを用います。(※3) このツールで入金額10万円、米ドル/円の買いを設定したとき、ロスカットレベルは以下のようになりました。

・1万通貨(10Lot)・・・5.5円の下落で強制ロスカット
・5,000通貨(5Lot)・・・15.5円の下落で強制ロスカット
・1,000通貨・・・95.5円の下落で強制ロスカット

 取引通貨単位を1万通貨から半分の5000通貨にすると、強制ロスカットの執行ラインは5.5円の下落から15.5円の下落と10円も下がりました。
 10分の1の1,000通貨にしたら90円も下がります。通貨数量を減らすと、どれほどリスクが抑えられるかは一目瞭然でしょう。

f:id:navimedia:20210727180932j:plain
 今回はFX初心者がFXを始める際に1,000通貨単位という少額取引で取引すると、どのようなメリットがあるのか考えてみました。

 1,000通貨単位の少額投資であれば、ロスカットラインに余裕ができて、低リスクになるだけでなく、資金を複数の通貨ペアに分散投資することも可能です。
 興味のある通貨ペアを試して、自分が投資しやすいものを見つけることも可能でしょう。
 FXをこれから始める人は、1,000通貨という少額投資が可能なFX会社の中から、一番自分に合っている会社を見つけるようにしましょう。

PickUp編集部

 

FX投資が初めての方へ!FXの魅力や特徴(初心者編)はこちら

f:id:navimedia:20200115123814:plain


※1 ロシアルーブル/円を除く
※2 ロスカット設定について詳しくはこちら

※3 本シミュレータは、お客様が入力された条件下における~あくまで取引に際しての目安としてのみご利用願います。また、シミュレーターの必要保証金額は2021年7月時点のものです。