読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

【ドル円】多くのFRB高官が講演予定

f:id:okinawa-support:20200109161031p:plain


いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ!
その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。

1月9日(木)ドル/円

基調
方向感模索

目先の注目材料
・クラリダFRB副議長、カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁、ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁講演
・米長期金利、主要国株価

多くのFRB高官が講演予定

中東懸念が一服した事で、ドル/円は昨年末にもみ合った109円台に値を戻している。
次の相場テーマを占う上で、本日は米連邦準備制度理事会(FRB)高官の発言に注目したい。
FRBは昨年12月の連邦公開市場委員会(FOMC)で、利下げターンの終了とともに2020年中は政策金利を現行の1.50-1.75%に据え置く見通しを示した。
一方で市場は2020年内に1度の25bp(0.25%)利下げが行われる事を概ね織り込んでいる。
米中貿易戦争や中東情勢の落ち着きを受けてFRBの高官から米景気への前向きな見方が示されるようなら、市場の見通しがFOMC寄りに修正される形で米長期金利の上昇とともにドル/円が110円台に向けて上昇する可能性もあるだろう。
なお本日は、クラリダFRB副議長、カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁、ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁(以上は2020年のFOMCで投票権あり)、バーキン・リッチモンド連銀総裁、エバンズ・シカゴ連銀総裁、ブラード・セントルイス連銀総裁の面々が講演する。
明日にはFRBが注目する米12月雇用統計の発表を控えており、次の相場テーマが米金融政策に移ってもおかしくないタイミングであろう。

「為替チャート|ドル/円(JPY)|日足」はこちら