読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

【ドル/円】米中協議にプラスアルファのサプライズがあるか

f:id:okinawa-support:20191011164110p:plain


いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ!
その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。

10月11日(金)ドル/円

基調
上値限定

目先の注目材料
・10/11 米中閣僚級通商協議
・米長期金利、主要国株価

米中協議にプラスアルファのサプライズがあるか

ドル/円は、108円台を回復。
米中通商協議が部分合意に漕ぎ着け、米国が15日に発動予定の対中追加関税も回避に至るとの期待が広がっており、茲許の上値抵抗である108.50円前後を突破できるか注目が集まっている。
本日は、米中閣僚級協議の終了後にトランプ米大統領と劉中国副首相が会談を行う予定となっている。
ホワイトハウスの発表によると会談は現地14時45分(日本時間27時45分)に始まる模様。
NY市場がクローズする前に会談を終えて、「グッド・ニュース」を発表したいトランプ大統領の思いが滲んだ時間設定と読むのは考え過ぎだろうか。
いずれにせよ、「部分合意の一環で為替協定を検討」などとする米国側のリーク報道に対し、中国からの反論が一切ないところを見ると、両国間である程度の「握り」ができていると見るのが自然かもしれない。
もっとも、市場はすでに「部分合意」と「関税回避」を相応に織り込んでいる。
織り込み済みの結末であれば、3連休を控えたNY勢が「グッド・ニュース」とは評価しない可能性もありそうだ。
ドル/円の108.50円突破は、市場の織り込み以上の「ポジティブサプライズ」が必要になるのかもしれない。