読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

ジャクソン・ホールシンポジウムに市場の関心が集中 注目の高金利通貨 豪ドル/円 8月21日号

f:id:gaitamesk:20190821093810p:plain

豪ドル/円(4時間足)

f:id:gaitamesk:20190821120224p:plain

直近1週間のポイント

・豪7月雇用統計良好
・中国と独の政策期待で過度な懸念は後退
・RBA議事録は目新しい記述なし

足元の豪ドル/円は72円前後で小幅な値動き

15日の豪7月雇用統計が好結果となり72.50円付近まで上昇しましたが、その後は一進一の展開となっています。
16日には中国が家計の可処分所得を引き上げる策を発表、ドイツでは財政出動の可能性が報じられました。
これを受けて世界的な景気後退への過度な懸念は緩和しましたが、豪ドルの上値は重く72.00円前後でもみ合う展開が続きました。
20日に公表された豪中銀(RBA)議事録にも目新しさはなく、72.30円台で伸び悩むと71.90円台に押し戻されるなど方向感に乏しい動きとなっています。

当面の豪ドル/円の注目ポイントはジャクソン・ホールシンポジウム

8月の名物イベントであるジャクソン・ホールシンポジウムが22-24日に開催されます。
23日にはパウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の講演が予定されており、市場の関心が集まっています。
米中貿易戦争のあおりで世界景気の後退懸念がくすぶる中、FRBが市場に歩み寄る形で9月利下げに前向きな姿勢を示すとの見方が大勢です。
もっとも、市場はすでに年内あと2回の利下げを織り込んでおり、パウエル議長の講演内容が市場にとって「満額回答」となるかどうかは不透明と言わざるをえません。
議長が市場の期待を上回るほどのハト派姿勢を示せば、株高・ドル安の流れとなり、豪ドルが上昇する公算ですが、反対に期待したほどハト派的ではなかったと受け止められれば、株安・ドル高によって豪ドルが下落する事になりそうです。
なお、今回のジャクソン・ホールシンポジウムでは24日にロウ豪中銀(RBA)総裁の講演も予定されています。

来週までの豪ドル/円の見通し

予想レンジ
70.900円~73.100円
基調
方向感模索

来週までの注目ポイント

・8/22-24 ジャクソンホール・シンポジウム
☆8/23    パウエルFRB議長講演
・8/24    ロウRBA総裁講演

「為替チャート|豪ドル/円(AUDJPY)|60分足」はこちら

「高機能チャート(テクニカル分析|豪ドル/円(AUDJPY)|60分足」はこちら 

本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。また、本レポートに記載された 意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。 なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、株式会社外為どっと コム総合研究所ならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 Copyright©2019Gaitame.com Research Institute Ltd. All Rights Reserved. www.gaitamesk.com