読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

FX「2024年は積極的な財政政策と慎重な金融政策、今週は小売と鉱工業生産」人民元見通し

f:id:okinawa-support:20190828090212p:plain

 

総括

FX「2024年は積極的な財政政策と慎重な金融政策、今週は小売と鉱工業生産」人民元見通し

(通貨8位、株価19位)

予想レンジ 人民元/円19.9-20.4

(ポイント)
*今週は鉱工業生産と小売売上の発表
*2024年は積極的な財政政策と慎重な金融政策
*12月特有の円高で下落
*11月貿易収支、輸出が6カ月ぶりに増加
*デフレか、11月の消費者物価
*碧桂園はデフォルト回避の方向
*シェイン上場か
*格付見通し下方修正 ムーディーズ
*株価は弱い
*経済指標はマチマチ
*イタリアが「一帯一路」から離脱
*政府は対外に経済を開放すると主張も海外は警戒
*HSBCがIMFに続き成長見通し上方修正
*1兆元の国債発行し景気対策へ
*米の経済制裁は続く

(12月特有の円高で下落)
 12月特有の円高で下落している。一時20円割り込む。人民元は先週は5位、12月月間ではここまで7位、年間では8位とやや弱い。ドル主軸のバスケット制なのでドルの弱さを反映している。FOMCはハト派的内容でドル下落

(11月貿易収支、輸出が6カ月ぶりに増加)
11月貿易収支では輸出が6カ月ぶりに増加に転じた。だが長引く需要低迷を受けて製造業者が値下げにより販売を増やしている可能性が示された。一方、輸入は予想外に減少した。 輸出は前年比0.5%増加。10月は6.4%減、予想は1.1%減だった。 輸入は0.6%減少。10月の3.0%増からマイナスに転じた。予想は3.3%増だった。 中国の輸出は過去数カ月、改善傾向にある。

(デフレか、11月の消費者物価)
 11月の消費者物価は前年同月比0.5%低下。これは2020年11月以来最大の落ち込み。予想は0.2%低下だった。生産者物価は前年同月比3%低下。予想は2.8%低下だった。1年2カ月連続でデフレ領域に陥っている。消費者物価の低下は豚肉価格の落ち込みが一因。世界の多くの中銀がインフレ抑制に注力している状況とは対照的に、中国は今年の大部分にわたり物価下落に見舞われている。内需低迷でデフレ圧力が高まっている。

(中国経済工作会議、積極的な財政政策と慎重な金融政策)
 12月11-12日に中央経済工作会議を開催し、2024年の景気回復を支えるため政策調整を強化する方針を示した。 来年は有効需要の拡大に焦点を当て、内需拡大のために協調して取り組む方針。
来年は積極的な財政政策と慎重な金融政策を堅持する。
中国は構造的な減税と手数料引き下げを実施する計画で、新たな財政・税制改革を視野に入れていると伝えた。
合理的かつ十分な流動性を維持し、社会融資とマネーサプライの規模が経済成長と物価水準の予想目標と一致することを確保するほか、金融機関に対し、技術革新、グリーントランスフォーメーション、中小企業や零細企業、デジタル経済への支援を強化するよう指導する。
不動産開発の新しいモデル確立を加速するとし、手頃な価格の住宅建設を促進し、地方債務リスクの解決と安定した発展へ調整するとした。
資本流出への懸念から中銀の政策緩和余地は依然として限られているため、政府は成長促進のために財政刺激策、特にインフラへの支出に頼る可能性が高いという。

(シェイン上場か)
中国のファストファッション企業であるシェインは英国での上場の可能性についてロンドン証券取引所と協議していると関係者が明らかにした。同社は株式の公開売却を通じて資金調達の選択肢を模索し続けている。また依然として米国で上場する可能性が最も高く、ニューヨークとロンドンで同時に上場する可能性は低いと報じられている。

テクニカル分析(人民元/円)

円高で一時ボリバン3σ下限を下抜く

日足、雲の下に下落、一時ボリバン3σ下限を下抜く。今もボリバン2σ下限割れ。12月7日-13日の上昇ラインがサポート。12月12日-13日の下降ラインが上値抵抗。5日線、20日線下向き。
週足、ボリバン2σ上限から急落。9月11日週-10月30日週の上昇ラインを下抜く。7月17日週-12月4日週の上昇ラインがサポート。5週線下向く、20週線上向き。
 月足、ボリバン2σ上限から反落。今月はここまで陰線。9月-10月の上昇ラインを下抜く。11月-12月の下降ラインが上値抵抗。
年足、3年連続陽線。23年も陽線。ただ22年は上ヒゲが長い。20年-21年の上昇ラインがサポート。



チーファンラマ

カントリーガーデン(碧桂園)が人民元建て債デフォルト回避の方向

 流動性逼迫に見舞われている不動産開発業者、碧桂園は、人民元建て債で初のデフォルトを回避する見込みだと、事情に詳しい関係者が明らかにした。人民元建て債の保有者の大半が、今週の返済を要求しないことで合意したという。
  深圳証券取引所は先週、8億元相当の債券の一部の保有者と会談しこの合意に向け働き掛けた。この債券には投資家が来年の満期より前に、今年12月13日の返済を要求できるオプションが付いていたが、ほとんどの投資家はこのオプションを行使しないことに同意した。非公表の情報だとして関係者が匿名を条件に述べた。

  10月にドル建て債で初のデフォルトに陥った碧桂園は、なおもオプション行使を計画していた少数の人民元建て債保有者に返済するための現金も用意したと、関係者は語った。
 この展開は碧桂園が少なくとも今のところ、直ちに危機が悪化するのを避けられることを意味するが、世界で最も大きな負債を抱えるデベロッパーの1社である同社が直面する課題は終わったわけではない。

情報提供元:FX湘南投資グループ
本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたしま す。また、本レポートに記載された意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。 なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、FX湘南投資グループグならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。