読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

FX「G7 VS メンツの中国、衝突長引く」人民元見通し

f:id:okinawa-support:20190828090212p:plain

 

総括

FX「G7 VS メンツの中国、衝突長引く」人民元見通し

(通貨8位、株価11位)

予想レンジ 人民元/円19.4-19.9

(ポイント)
*G7サミットでは中国を名指しで批判、中国は猛反発
*G7は台湾、東・南シナ海、人権問題、国際ルール、ウクライナ問題に言及
*為替レートの大変動を断固抑制=人民銀行
*近々、中国の格付見直しか
*消費者物価は伸びない
*4月鉱工業生産、小売売上改善も予想下回る
*新築住宅価格、需要低迷で伸び鈍化
*GDP下方修正する調査機関あり
*預金金利は引き下げ
*国債利回り6カ月ぶり低水準
*人民元はバスケット制度で12通貨中では中位にいる
*株価は冴えない、ハンセン指数はマイナス圏
*中国、初の人民元建て決済 仏トタルとLNG
*サウジ、上海協力機構へ参加
*対米、対独の2022年の貿易額は過去最高

(G7サミットでは中国を名指しで批判)
 G7サミットでは中国を名指しで批判、警戒する声明が発出された。これまでは中国の行動にG7が不満があっても、名指しで批判することがなかっただけに異例である。言うべきことを言い始めたG7。それでも気をつかっている部分もあった。声明は以下の通り。中国と歩み寄れるか、さらなる分断を招くか中国次第である。

(G7の中国に関する声明)
・私たちの政策アプローチは中国に損害を与えることを目的としたものではなく、また中国の経済的進歩と発展を妨げようとするものでもありません。国際ルールに従って成長する中国は世界の関心となるだろう。私たちは切り離したり、内向きになったりはしていません。私たちは重要なサプライチェーンにおける過度の依存関係を削減します。

・中国との持続可能な経済関係を可能にし、国際貿易システムを強化することを目的として、我々は労働者と企業に平等な競争条件を求めていく。我々は、世界経済を歪める中国の非市場政策と慣行がもたらす課題への対処を目指す。私たちは、違法な技術移転やデータ開示などの悪意のある行為に対抗します。私たちは経済的強制に対する回復力を育みます。我々はまた、貿易や投資を不当に制限することなく、我が国の安全保障を脅かすために利用される可能性のある特定の先進技術を保護する必要性を認識している。

・東シナ海と南シナ海の状況について引き続き深刻な懸念を抱いている。私たちは、力や強制によって現状を一方的に変更しようとするいかなる試みにも強く反対します。

・台湾海峡の平和と安定の重要性が、国際社会の安全と繁栄にとって不可欠であることを再確認する。私たちは両岸問題の平和的解決を求めます。

・強制労働が私たちにとって大きな懸念であるチベットや新疆ウイグル自治区を含む、中国の人権状況について懸念を表明し続けます。我々は中国に対し、香港の権利、自由、高度な自治を謳う中英共同宣言と基本法に基づく約束を守るよう求める。

・中国に対し、ロシアに対し軍事侵略をやめ、即時、完全かつ無条件でウクライナから軍隊を撤退させるよう圧力をかけるよう求める。

(中国は早速、反発)
中国外務省は「中国を中傷し攻撃するもので、強烈な不満を表明するとともに断固反対する」と強く反発し、日本などに厳正な申し入れを行ったとしている。

(為替レートの大変動を断固抑制=人民銀行)
 中国人民銀行は5月19日、為替レートの大幅な変動を断固として抑制し、ドル預金業務の自律的管理強化を検討すると表明した。人民銀と外為規制当局が共に期待を誘導し、必要な場合はプロシクリカルで一方的な行動を是正し、投機を抑制するとした。

テクニカル分析(人民元/円)

2σ上限で上昇の勢いを緩める

日足、ボリバン2σ下限から反発、2σ上限で勢いを緩める。雲の上。5月16日-24日の上昇ラインがサポート。5月19日-24日の下降ラインが上値抵抗。5日線、20日線上向く。
 週足、雲中。5月1日週-15日週の下降ラインが上値抵抗。4月24日週-5月8日週の上昇ラインがサポート
 月足、小幅だが右肩上り。ボリバン中位を下抜けず。23年3月-4月の上昇ラインがサポート。22年10月-23年4月の下降ラインが上値抵抗だが上抜くか
年足、3年連続陽線。23年も陽線スタート。ただ22年は上ヒゲが長い。20年-21年の上昇ラインがサポート



チーファンラマ

早速、衝突

*米国モンタナ州は、中国系の動画共有アプリTikTokの州内での使用を禁止する法案を施行

*中国は、米国のマイクロンテクノロジーについて、サイバーセキュリティー審査を通過できなかったと発表した。その上で、重要情報インフラ運営者は同社製品の調達を停止すべきとした。

情報提供元:FX湘南投資グループ
本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたしま す。また、本レポートに記載された意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。 なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、FX湘南投資グループグならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。