読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

【見通し】今日の株式見通し-波乱含みか ダウ平均は大幅安も円安が一段と進行

東京市場は波乱含みか。休場明けの米国株は下落。ダウ平均は231ドル安の37361ドルで取引を終えた。FRBのウォラー理事が講演で早期の利下げに慎重な姿勢を示し、長期金利が上昇したことが売り材料となった。ダウ平均に関しては、投資判断の引き下げがあったボーイングが大幅安となったこともあり、値幅を伴った下げとなった。為替市場では米長期金利上昇を受けてドル高・円安が進んでおり、ドル円は足元147円10銭近辺で推移している。CME225先物は円建てが大証日中終値と比べて205円高の35855円、ドル建てが255円高の35905円で取引を終えた。

 米国株安というネガティブな材料と、円安進行というポジティブな材料が入り交じり、不安定な展開を予想する。CME225先物は上昇スタートを示唆している。米国では長期金利が上昇する中でもエヌビディアやAMDなど半導体株の一角が強く買われており、国内半導体株には好影響が見込まれる。ただ、日経平均の直近高値は1月15日につけた36008円。米国株が弱かった中で日経平均が36000円を超えてさらに上昇するハードルは高い。足元の地合いの良さから前のめりで買いが入った後、直近高値近辺で上値が重くなった場合、利食い売りが強めに出てくる可能性はある。米金利と為替が大きく動いたことから、物色には濃淡がつくと思われる。その分、指数は全面高にも全面安にもなりづらいとみるが、終日方向感は定まらないだろう。日経平均の予想レンジは35300円-36200円。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ