読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

【見通し】今日の株式見通し=しっかりか 米国株は下落も米長期金利が大きく低下

東京市場はしっかりか。米国株は下落。ダウ平均は56ドル安の35333ドルで取引を終えた。上値は重かった一方で下値も堅く、方向感に欠ける動きが続いた。ドル円は足元148円60銭近辺で推移している。CME225先物は円建てが大証日中終値と比べて85円高の33525円、ドル建てが95円高の33535円で取引を終えた。

 米国株は下落したが、最もパフォーマンスが悪かったS&P500でも0.2%安と小動きであった。米10年債利回りが大きく低下して4.4%を割り込んでおり、こちらは日本株にポジティブに作用することが期待できる。きのうの日経平均は高く始まった後に失速したが、33800円台に乗せて年初来高値を上回ったにもかかわらず、そこからの上値が伸びなかったことから、利益確定売りが強めに出てきたものと推測される。きのうの終値では33400円台まで水準を切り下げており、過熱感は削がれた。CME225先物は上昇スタートを示唆している。きょうは米国株安には耐性を示し、節目の33500円を意識しながら底堅く推移すると予想する。日経平均の予想レンジは33350円-33650円。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ