読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

【見通し】ロンドン為替見通し=ユーロ、欧州インフレに対する思惑で上下か

本日のロンドン為替市場では、今週発表される欧州インフレ指標に対する思惑で上下する展開か。なおニューヨーク勢の参入後となる欧州午後には、ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁の講演も予定されている。

 今週は29日に、欧州最大の経済国ドイツから11月消費者物価指数(CPI)が発表予定。こちら前年比で前回3.8%の上昇率だったところから、3.5%まで減速すると見られている。欧州中央銀行(ECB)理事会内ではタカ派として知られるナーゲル独連銀総裁は、「インフレとの闘いに直面したまま」と先週も述べた。この口調に今後変化が出てくるか、引き続き注視していきたい。

 独CPIより注目されるのが、翌30日発表の同月ユーロ圏消費者物価指数(HICP)速報値。こちらもインフレ鈍化が期待され、予想では前年比総合が前回2.9%から2.7%へ、同コアが4.2%から3.9%まで低下見込みだ。HICP総合については、予想通りであれば21年夏以来の低い伸び率となる。

 先週末の講演でラガルドECB総裁は「インフレ率は鈍化しているが、勝利宣言はできない」と、来年利下げを織り込み始めた短期金融市場を諭す言い方だった。本日の講演でも、前のめりな市場をけん制するような内容とはなりそうだ。

 なお先週末はジョーダン・スイス国立銀行(スイス中銀、SNB)が「来月会合で利上げする可能性を排除できない」との考えを明らかにした。同国CPIは今年半ば以降、中銀目標の2%を下回っている。それにもかかわらずの発言は、インフレ抑制への意気込みを示しているものの、市場からの信頼を高めることには繋がらないのではないか。

想定レンジ上限
・ユーロドルは8月11日高値1.1005ドル
・ユーロスイスフランは200日移動平均線0.9707フラン

想定レンジ下限
・ユーロドルは24日安値(日足一目均衡表・転換線)1.0895ドル
・ユーロスイスフランは90日移動平均線0.9588フラン


(小針)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ