読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

【見通し】29日香港株=反発か、米インフレ鈍化が支え FOMC控え様子見も

週明け29日の香港市場は反発して始まるか。米連邦準備理事会(FRB)が注視する経済指標がインフレの鈍化傾向を改めて示したことで、香港市場でも買いが先行するだろう。26日発表の2023年12月の米個人消費支出(PCE)物価指数は食品とエネルギーを除くコア指数が前年同月比で2.9%上昇。伸びは11月の(3.2%上昇)から鈍化し、市場予想(3.0%上昇)も下回った。

 中国の株式相場下支え策も支えとなる。中国証券監督管理委員会(CSRC)は28日、譲渡制限株式の貸し出しを29日から全面禁止すると発表した。市場に出回る貸株の量が減れば、未保有の株式を借りて売却する「空売り」を抑制する効果を狙った措置とみられる。

 もっとも、買い一巡後は上値が重くなりそうだ。30-31日には米連邦公開市場委員会(FOMC)が開催される。会合後にパウエルFRB議長が開く会見での発言内容を見極めたいとして、積極的な売買を見送る展開があり得る。

 26日のNY株式相場は高安まちまち。弱い見通しが嫌気されたインテルが大幅安となりS&P500とナスダック総合が反落した一方、予想を上回る2024年通期見通しを発表したアメリカン・エキスプレスが大幅高となりダウ平均が続伸した。同日の香港株の米国預託証券(ADR)は国際金融銘柄のHSBC(00005)とAIAグループ(01299)、大型ネット株のアリババ集団(09988)、テンセント(00700)、JDドットコム(09618)が香港終値を上回った半面、香港公益株のホンコン・チャイナガス(00003)が下回って引けた。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ