読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

【見通し】株式明日の戦略-大幅安も5日線近辺で下げ止まる、ここで反転できるかが重要に

24日の日経平均は大幅続落。終値は291円安の36226円。まちまちの米国株を受けて、寄り付きから3桁の下落。前日の植田日銀総裁会見から早期のマイナス金利解除が意識され、銀行株が買われた一方、他の多くの銘柄には売りが広がった。指数は安く始まった後も下げ幅を広げ、銀行株が買われれば買われるほど、全体としては手じまいムードが強まる展開。後場には下げ幅を400円超に広げる場面もあった。36100円は割り込まず、13時以降は売り圧力が和らいだ。ただ、下げ止まっても戻りは緩慢で、300円近い下落で取引を終えた。国内長期金利上昇への警戒が強まった割には新興グロース株は堅調に推移しており、グロース250指数は上昇した。

 東証プライムの売買代金は概算で4兆3200億円。業種別では銀行、保険、パルプ・紙などが上昇した一方、不動産、精密機器、建設などが下落した。株主優待新設などを発表して買いを集め、3営業日ぶりに取引時間中に値が付いた日本エコシステムが、きょうもストップ高で終えて77.4%高。半面、米住宅大手企業が決算を受けて急落したことを受けて、住友林業が警戒売りに押された。

 東証プライムの騰落銘柄数は値上がり469/値下がり1148。銀行株買いが盛り上がり、三菱UFJが5%を超える上昇。売買代金はレーザーテックに次ぐ2位となり、昨年来高値を更新した。三井住友、みずほも4%台の上昇となり、第一生命やかんぽ生命など保険株にも資金が向かった。軟調相場の中でも半導体関連の一角は強く、ソシオネクストやSCREENが大幅高。上方修正を発表したGenkyやイオン九州が急伸した。

 一方、三井不動産、三菱地所、住友不動産など不動産株が軒並み大幅安。ダイキン、ファーストリテイリング、レーザーテックなど値がさ株が弱かった。日銀総裁会見を受けてドル円は円高気味に推移したことから、トヨタやマツダなど自動車株が全般軟調。トリドール、ゼンショー、鳥貴族など外食株に大きく売られる銘柄が散見された。下方修正を発表した不二製油Gが2桁の下落率となった。

 日経平均は大幅安。ブルの流れが変わったようでもあるし、植田総裁会見が利食い売りを入れるちょうど良い材料にされたようでもある。弱いながらも終値(36226円)では5日線(36144円、24日時点)を上回った。同水準が意識されて下げ渋ったようにも見えるだけに、あす反転できるようなら上昇基調が継続する公算が大きい。

 一方、日本だけでなく、欧米で長期金利上昇に対する警戒が強まってしまうようだと、株式市場には逆風となる。あす25日に欧州ではECB理事会が開催され、来週の30日~31日には米国でFOMCが開催される。市場は利下げがいつになるかの手がかりを求めているが、その点に対するメッセージが少ないようだと、金融引き締め長期化懸念から欧米の長期金利が上昇する展開は想定される。何はともあれ、きょうのように金融株しか買えないようだと手詰まり感が出てくるだけに、あすは多くの銘柄に押し目を拾う動きが見られるかが注目される。



・提供 DZHフィナンシャルリサーチ