読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

【見通し】29日香港株=軟調か、短期的な過熱感が重荷

29日の香港市場は軟調な相場か。前日のハンセン指数は大幅に続伸し、終値ベースで11月28日以来1カ月ぶりの高値を付けただけに、短期的な過熱感から売りが出そうだ。きょうは年内最後の取引日で特段の新たな材料に乏しく、薄商いが予想される。来年1月2日に取引を再開する。

 もっとも、下値を売り込む動きは限られるだろう。米連邦準備理事会(FRB)が早ければ来年3月の米連邦公開市場委員会(FOMC)で利下げを始めるとの期待は続いている。年末で機関投資家が運用成績を良く見せるための「お化粧買い」なども入りやすい。

 28日のNY株式相場はダウ平均が3日続伸し、連日で過去最高値を更新した。米10年債利回りが上昇したことが重しとなったものの、来年の利下げ転換期待やインフレ沈静化見通しなどを背景に底堅く推移した。一方、ハイテク株主体のナスダック総合は5営業日ぶりに小反落した。同日の香港株の米国預託証券(ADR)は高安まちまち。英金融大手のHSBC(00005)、新エネルギー車のBYD(01211)が香港終値を上回った半面、中国ネット通販大手のアリババ集団(09988)、香港公益株のホンコン・チャイナガス(00003)、不動産開発の華潤置地(01109)が下回って引けた。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ