読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

【見通し】NY株見通し-底堅い展開か 経済指標は11月ADP民間部門雇用者数など

今晩は底堅い展開か。昨日はダウ平均とS&P500が小幅に続落したものの、米10年債利回りが9月上旬以来となる4.167%まで低下したことでハイテク・ジャイアントが軒並み上昇し、ナスダック総合が反発した。ダウ平均とS&P500は2日続落したものの、第4四半期ではダウ平均が7.81%高、S&P500が6.51%高、ナスダック総合も7.64%高と3週がそろって大幅高ペースとなった。年初来ではダウ平均が8.98%高、S&P500が18.95%高となり、ナスダック総合は35.96%高となった。

 今晩の取引では年末ラリーや来年の利下げ転換期待に加え、米10年債利回りの低下を追い風に底堅い展開か。来週12-13日の米連邦公開市場委員会(FOMC)を控え、今週は週末金曜日に発表される米11月雇用統計が最大の注目点となるが、今晩は雇用統計の前哨戦となる11月ADP民間部門雇用者数や、その結果を受けた米10年債利回りの動向に注目する展開となりそうだ。

 今晩の米経済指標は11月ADP民間部門雇用者数のほか、MBA住宅ローン申請指数、10月貿易収支 、EIA週間原油在庫など。企業決算は寄り前にブラウン・フォーマン、キャンベル・スープなどが発表予定。(執筆:12月6日、14:00)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ