円安・円高とは?

お金の価値は、上がったり下がったり

お金の交換レートである為替レートが変動すると、その結果、円安と円高という現象が起こります。FXのしくみを知るためには、まずこの円高と円安をしっかり理解する必要があります。

円安は、円が安くなってしまうこと。円高は、円が高くなってしまうこと。

例えば「1ドル=80円」から「1ドル=100円」に為替レートが変化した場合を考えてみましょう。同じ1ドルを買うのに80円だけで済んでいたのに、100円も必要になってしまいました。つまり、ドルの値段が高くなった(ドル高)ということになります。逆に考えると、円の価値が下がった、つまり「円安になった」ということになります。

では、1万円で何ドル買えるか考えてみましょう。

Q.1万円で何米ドル買える?(円安)』

同じ1万円ですが、1ドル100円になると買えるドルが少なくなってしまいました。つまり、ドルの価値が上がり(ドル高)、円の価値が下がった(円安になった)のです。

逆に、円高は円安の正反対となり、「1ドル=100円」から「1ドル=80円」に為替レートが変化した場合は円高となります。同じ1ドルを買うのに100円も必要だったのに、80円で買えるようになりました。つまり、ドルの値段が安くなり、円の価値が高くなったということになります。

このように、円とドルの関係は、その価値が高くなったり低くなったりを繰り返しています。これが円安と円高です。この円高、円安のレートの差を利用して利益を上げるのがFX。次は実際の利益の上げ方を見てみましょう。

まとめ:円安はドルやユーロなどの外貨に対して円の価値が下がること。円高は外貨に対して円の価値が上がること。

次は、利益を出すには?「為替差益」について解説

外貨ネクストはこちら

のりかえ&おかえりキャッシュバックキャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

高金利通貨キャッシュバックキャンペーン

業界最狭水準スプレッド

魅惑の通貨ペア、トルコリラ円

スワップポイント一覧

  Bid SP Ask
ドル円
ドル円
ユーロ円
ユーロ円
豪ドル円
豪ドル円
ユーロドル
ユーロドル

全ての通貨ペア